働き方改革について思うこと

働き方改革法案。
まぁ、正直言って内容についてはあまりわかんないけど。

ただニュースとかみてて思うんだ。
「プラン」や「ルール」も大事だけど。
一番大事なのは「守る」事ではないだろうか、と。

まぁ、守ることに関しては国の定めるルールを企業が遵守するかって話だから、法案とは関係ないんだろうけどね。
それに、今までのルールでは抜け穴とかもいっぱいあるんだろうから、その辺を補正していく必要もあるんだろうし。

今の過労死認定ラインって80時間だっけ?
でもねぇ・・・実際そんだけタイムカードつけている人少ないんじゃないかな?
結局タイムカード打ってなかったら、当事者の残業がどれぐらいだったかってわからないじゃないか。
よく遺族の方々が、帰る前にしてきた電話の時間だとか、調べているみたいだけど。
それじゃぁ正確な時間わかんないもんね。
その辺をなるべく明らかにするために裁判とかいろいろやるんだろうけど。
それってねぇ・・・亡くなってしまった後の話だしね。
どれだけのラインを引いたって・・・例えば過労死認定ライン、もしくは認められる残業時間がたとえ30時間だって、タイムカード打たないんじゃ同じだよね。
結局、亡くなられてから時間調べだすんだろ・・・
あまり変わらないと思うけどねぇ・・・
いや、まぁ今回の話題は中身をよく知らないんで無責任なこと書いてるけどさ。

結局ルールを守るってところをちゃんとしないと、どんだけルールが変わっても同じだよね。
じゃぁルールを守らせるには・・・厳罰化するって・・・ね。
それも嫌だよね。
なんだかなぁ・・・ルールは守るものって・・・もうそう言う考えないのかな?
100時間まで残業認めたら、残業100時間やっちゃじゃないか!って・・・
なんでリミット決めたらそこギリギリまでやるんだよな。

もうなぁ・・・現代において性善説でルールを決めるのは無理って話なんだよな。
そうなると・・・残業する権利を奪うしかないんじゃないかな?
時間が来たら、はい!さよなら!!帰れ!!!って。

いやぁ・・・オレ的にはそれぐらいしてほしいね。
上司が残業してたら帰りにくいからね。
難しいねぇ・・・なんつーか、今の法改正議論についてもオレにわかるように説明してほしいわ。


コメント

このブログの人気の投稿

無料のAdobeCS2インストールをWin7にインストールしてみた。

ラパンの鍵の電池を変えたった!

「Biz SCORE Basic」受けたった!