2016年7月13日水曜日

そんな機能、いるか?

最近AdobeCC製品の大幅なアップデートがあった。
もう、アップデート内容が多すぎてよくわからないのだが、ひとつどうでも良さそうな機能を見つけてしまったので、ちょっと書いておく。

Adobe PhotoshopCC2015.5の話だ。

その新機能・・・「ゆがみ」

えーと、サクッと言うと顔を補正する機能。

やってみよう。

まず、素材サイトから顔のはっきり写った写真を落としてきた。

そして、この素材をPhotoshopCCで開く。

で、この顔が入っているレイヤーを選択し、「フィルター」から「ゆがみ」を選択するんだ。

そうすると・・・


こんな画面になるのさ。
この画面で、目の大きさや、顔の幅、鼻の高さなどのパラメーターを操作して、顔の形を変えていくんだ。

で・・・出来たのが・・・


顔を細めに、目をパッチリ・・・
などなどパラメーターを触ってみたらこうなった。
さらに明るくしたりして・・・

顔の部分だけを比べると・・・


まぁすごい・・・かどうかわからない。
写真左側が元で、右が加工後。
子供特有の無邪気さが消えて、あざとい大人の仲間入りを果たしたわけだが。

いやでも、今時もっとすごい加工する事も多いわけだが、この程度の加工なら2分で出来てしまうわけだ。
まぁ・・・使いようによっては・・・うーん・・・オレの仕事でこの手の加工をすることあるか?
んー・・・あるような、ないような・・・微妙だなぁ。

でな、言いたいのは。

この機能・・・天下のPhotoshopCCに入れる必要があったのか?
誰かからそういう要望があったのか?
いるか?この機能。
もう、どっかのフリーソフトレベルの機能だろ。
もう、捨てようや、こういう要望は。

いらんでしょ、Adobe様は大御所なんだから、もっとドンっと構えていてくださいな。
なんかなぁ・・・うーん・・・
まぁ、いいや。
こういう機能も入ってきますよって話だ。
もし、Adobe PhotoshopCC持ってる人は試してみてください。

では。

0 件のコメント: