2016年7月27日水曜日

ひどいよね

朝から胸糞悪いニュースやってたなぁ・・・
戦後最大の・・・まぁ・・・アレな事件だ。
(書くとまた気分悪くなるので言明は避けよう)

胸糞悪すぎて、どう反応していいかわからない。
とりあえず、周囲に嫌な雰囲気出しちゃ不味いのでなんか普通に明るくしようと思ったが・・・
わりとイライラした。
おかげでミンティア捗ったわ。
(オレはストレス溜まるとミンティアをむさぼり食うのさ)

でもなぁ・・・
なんでこんな事おこったんだろう?

今もニュース見てるけど・・・

でさ、こういう凶悪犯罪が起きるとさ、決まって犯人以外の周囲の人にも責任がないか言われ始めるんだよな。
いまんとこ、警察も悪いんじゃないか・・・的な。

もちろんね、そういう考え方もあるけど。

でもさ、結局は本人が悪いんじゃないか?
確かに、周囲の人にも凶行を止めるすべはあったのかもしれないけど、大前提として本人が悪いんだろ?
そこを薄くして、周りに責任をもっていくのは如何なもんか?

そういう事言ってる人って、自分の視野が広いだろう!的な優越に浸ってんのかな?
犯人を責めるのは当たり前、オレはソレ以外にも原因を発見してやったぜ!的な。
もちろん、今後の犯行を抑止、もしくは予防するには社会構造を見なおす必要もあるけど。
しかしそんなこといちいち報道して、悪人増やしていくからなぁ。
凶行の本質的なものが見えてこないんじゃないかな。

世間ぐるみで犯罪を抑止することも大事だけど、それじゃぁ事業や就職、人生の選択に失敗した時に世間や他人のせいににして結局犯罪に走る人が増えるんじゃないかな?
だって、犯罪を犯すのは世間や社会のせいで、自分のせいじゃないからね。
(最近じゃぁ就職できないのも親や学校のせいらしいから・・・)

なんつーか、偏った意見かも知れないが、もうちょっと犯罪とかに対して自己責任の割合を多くして、家族や行政に責任を持っていく割合を減らしてはどうだろうかね?
極論だけど、思いっきり加害者のせいにしてみたら、逆に犯罪減らないかね?
だって、どういう理由があっても自分のせいにされるんじゃ犯罪おかせないからね。

と・・・まぁ・・・思ったりしてみたりなんかしたりして・・・・。

まぁ、いいや。
胸糞悪いから寝ようっと。

0 件のコメント: