2015年7月16日木曜日

なぜ配達物は昼に届くのだろう?

あぁ・・・
家に帰ったらポストに不在連絡票が入っていた。

まぁ、めちゃくちゃよく有ることだ。
て言うか、オレにまともに荷物が届いた試しが・・・まぁチョットしか無い。
ほぼ、不在連絡票が入っている。

なんだかなぁ・・・
昼に持ってくんなよ、荷物を。
もう20時過ぎたら持ってきてよ。
って、20時までが仕事時間らしくて、それ以降ってなかなか持ってきてくれない。

もうさぁ・・・
だってさぁ・・・
近代日本は、核家族化が進んでるんでしょ?
その上共働きも増えてるんだから。
昼間に荷物届けて、まともに受け取ってもらえる確率ってどれぐらいよ?

てか、まだ昼間に荷物の受け取れる家庭が多かったとしてもだ。
オレん所はムリなんだからさ。
その辺はデータベースとか作って、どの時間帯に荷物運んだらいいか、こっそり考えようや。
(まぁ、その辺大ぴらにヤラれると気持ち悪いけどね。)

はぁ・・・どっちにしろだ。
また郵便局に行かなきゃいけない。
あぁ、面倒くさい。

つーかなぁ・・・いっその事・・・
郵便配達やさんの営業時間を昼の13時から夜の22時までにすればいいのに・・・
とかムリだよねぇ。

でもさぁ、市役所とかもそうだけど、営業時間がね・・・
市役所って平日の昼間だけじゃん。
普通のサラリーマンって絶対行けないよね。
医者もそう。
平日だけだよね、ほとんど。
どっちも土日やればいいのに。
かなり利便性が高くなると思うけど・・・

ムリなのかなぁ・・・
あーあ、とにかく面倒くさいー!

0 件のコメント: