2016年6月25日土曜日

イギリスの国民投票の結果が出た。

イギリスの国民投票の結果が出た。

どうやらEU離脱派が体制を制したようだ。
まぁ・・・それがどういう事なのか、政治経済に疎いオレにはよくわからないが、ニュースやネットを見ている限りは、日本にとってあまり良い影響があるわけではないらしい。

特に円高。
EUの株価が不安定になって、そこからどういう理屈かわからないが、日本の株が買われて円高傾向に推移していくという。

なるほど・・・サッパリ分からん。

で・・・円高というと、輸出大国ニッポンにとって良いことではないと、それぐらいは分かるんだが。

だが・・・オレにとっての円高。

非常に不謹慎なことかもしれないが、若干いいこともあるんじゃないだろうか。(あくまで一部)
だって・・・輸入品が安くなったり、海外旅行が安くなったりするんだろう?

オレが何年か前にロスに行った時は円高で、1ドルが80円ぐらいだった。
いやぁ・・・いいレートで両替できたんだよ。

それが・・・今は105円とか?
うーん・・・それでも悪くないけど・・・どうだろね。

あと、輸入品が安くなるということは、パソコンとかのパーツが安くなるってこと。
それはいい感じだね。
パソコンが平均でも2割ぐらいは安かったもんな、5年前は。

まぁ・・・それが万人にとっての良い事ではない、と言うのはわかるが。
なかなか・・・オレにとって魅力的でもある。

だってさ、コレも個人の感想だが、今更輸出が強くなっても、やれTPPだとかでそんなに代り映えしないでしょ?
しかも、輸出産業としての日本のIT業界はもう駄目な感じでしょ・・・
IT業界に関しては円高でも・・・それほど・・・とか思ってしまう。

まぁ、そのIT産業の衰退を招いたのが、前回の円高だったのかもしれないけど。

で、もし今回のイギリスのEU離脱による円高が不可避なら、どうやってダメージを減らすかって考えないとね。

そこまでは、オレ分からんけど。
無責任な話だね。

まぁ・・・聞き流して。
兎に角だ、数年後に海外旅行が安くなるタイミングがあるかもしれないので、ちょっとガンバって働いてお金貯めなきゃね。

では、そんだけ。

0 件のコメント: