2016年1月26日火曜日

風呂で寝るのは気絶らしい。

最近夜、湯船に浸かるとすっげぇ眠くなる。
そんで、フッと意識が遠のいて寝てしまう。
それが気持ちいいんだが・・・

アレ?
あの風呂の中での眠気。
アレって、眠気じゃないそうだ。
失神なんだそうだ。

ほぉ・・・なんで?
で、ネット調べたら・・・

①お風呂に入る(湯船に浸かる)
②温かいので血管が拡張する。(体の温度を一定に保とうとする体の機能)
③血管が拡張すると、血圧が下がる。
④血圧が下がると、脳への血流量が下がる。(つまり、脳に十分な血液が流れなくなる)
⑤脳で血液が不足すると、立ちくらみと同じように気持ちよくなる。(意識障害の始まり)
⑥気持ちよくなってくると最後、あっと言う間に気を失う。
⑦数時間後、お風呂の温度も下がり、血圧も上昇すると脳に血液が戻ってきて、意識を取り戻す。

なるほどね。
なんとなく納得。
さすがにオレの場合は数時間も気を失ってないけどね。
よくて5分から10分ぐらい。

昨日も風呂の中で落ちかけて、ウトウトしてたら壁で頭打って目が覚めてね。
あぁ・・・アレが気絶ね。
って気がついたんだ。

いやぁ・・・怖いね。
数時間風呂場で意識を失うとか・・・
いつかオレも風呂場で・・・

怖・・・

湯船につかるのが怖くなったよ。
歳取ると、そのまま・・・ってこと無いよな?
シャワーのほうが良いのかねぇ?

まぁ・・・いいか。
なるべく気をつける方向で・・・。

では。

0 件のコメント: