2015年12月20日日曜日

写真は難しいねぇ・・・

写真を撮ってみて・・・

ほら、今日の朝、西本願寺のイベント「お煤払い」を見に行ってきてね。
そこで写真を撮りまくっていたんだよ。
帰ってパソコンに落として調べてみたら、だいたい800枚以上。
RAWファイルとJPEG一緒に撮っているから、ワンショットで2枚。
だから、撮った写真の種類で言うと400枚ほどかな。

その数だけは撮った写真を眺めていると・・・

あぁ・・・オレの写真だねぇ。
代わり映えしないと言うか、何と言うか。
400枚も撮ったのに、気に入ったのが数枚しか無い。
どんだけ才能ないんだよ、オレ!

いや、他人が見たらどうかはわからないよ。(もしかしたらいい感じの写真もあるかもしれない)
ただ、自分で見てて評価が低いんだよなぁ。
うーん、評価が低いというか、自分の撮る写真、アングルとか構図に癖みたいなのがあって、なんか・・・パッとしないっていうか・・・なんだろう?
やっぱ、飽きたんだよねぇ、自分のアングル。
一応、毎回違う現場だし、撮るものも当然違うから、それはそれで新鮮なんだけど、帰って家のパソコンで見るとねぇ・・・なんか・・・イマイチ・・・か。

そりゃ、構図とかアングルとか、デザインみたいなもんで好き嫌いもあるだろうし。
でも、いつでもどこでも自分の思った素晴らしい写真を撮りたいわけで。
それが上手くいかなくて、数に頼っているっていうかねぇ。


写真って難しいよね・・・

で、上手くなるにはどうしたらいいか?

Proの方々に聞いた所によると。
撮った写真を人に見てもらって、批評してもらう。
それで、その批評を踏まえて、よく考えてまた写真をとって批評してもらう。
ソレの繰り返ししか無いそうだ。
写真のスキルは努力した分、考えた分しか伸びないそうだ。
惰性で撮っていたら、自然に上手くなることは無いと言うこと。

あぁ・・・でもなんでもそうだよな。
厳しく指摘されて、よく考えて、必死に行動して、初めて身に(経験値に)なるんだよな。

そして、それは生涯続くのだろう。
人間は生涯勉強し続けて、生涯成長し続けないとダメなんだ。
だから、今の一瞬、手を抜いたらその分人生が終わる時の成長到達点が下がってしまうんだなぁ。

とか、思ってみてしまった今日このごろだ。
だって・・・写真が下手すぎるからなぁ・・・
昔に比べたら少しはマシになったと思ったら、そうでもなかった。

まだまだ、だ。
がんばんなきゃな、ガンバレ!オレ!!

0 件のコメント: