2016年4月20日水曜日

「馳走 とし藤」さんへ行ってきました。

「馳走 とし藤」さんへ行ってきました。

飯を食うところです。
ジャンルは・・・何て言うか・・・料亭?
和食の料亭かな?

普段、ハンバーガーとか、ラーメンとか、わりとジャンク系が多いオレ。
それがいきなり料亭だと?
なんという風の吹き回しか!

いや、まぁ・・・仕事関係ではあるんですが。

とにかく「馳走 とし藤」さんへ行ってきました。
えーと、最初に言っておきますが、オレではこの御店の良さを伝えきることが出来ないかもしれません、すいません。


まず、場所。
えーー??なにここ?どういう隠れ家??ってぐらいわかりにくいところにあります。
一応、草津の本陣近くにあるのですが、若干奥まったところにあって、かなりわかりにくい。
もしかしたら、場所わからずに帰った人もいるんじゃないだろうか?
ぐらいのところ。
そんなところに「馳走 とし藤」さんはあります。

そして入り口ですが、すでにただならぬ大物の気配を醸し出しています。

そして、店に入りまして。
この日は仕事の会合で集まったので、まず仕事の話しをして・・・
ここ、貸し切りなんだね・・・今気がついたわ。

中は8人ほどが座れるカウンター席。
テーブル席もひとつあるけど、それほど大きくない店内。
あぁ・・・きっと予約制なんだろうなぁ・・・

で、仕事の話が終わって、まずは一杯。

その一杯が・・・
「獺祭のスパークリング」!!!!
えぇぇ・・・・これって誇張抜きでも幻の獺祭??
しかもスパークリング????
マジか・・・いいんか・・・??
なんつー・・・
だいたいオレ、日本酒わかんないし。
猫に小判だし、えぇ・・・・
で、飲んでみると・・・・なんと!飲めるよ!!
めっちゃフルーティ、ワイン的な?
コレは飲める、飲めますよ、オレ、日本酒飲んでますよ!!!

マジか、いきなり獺祭か・・・
最初にいきなりKO食らったようだな、コレはヤられた。
しかし、獺祭スパークリングを飲むだけでも価値のある店だな・・・

で、こっからが本番。
まずは、前菜。
キャベツを摩り下ろしたものと、ホタルイカとかを一緒に。
非常にクリーミーで素材の生臭さが全然なくて、とても美味しかった。
特にホタルイカをオレが食べれるとは・・・感動した。

続いて椀物。
もう、ほんとすいません、写真は撮ったけど中身が何だったか覚えてません。
覚えているのは、美味しかったってこと。
味のバランスが凄く良くて、辛くもなく甘くもなく、濃くもなく、薄くもない。


そしてアラカルト。
右上から順位味が濃くなっていくらしく、順番に食べればいいとか。
もうすいません、本当に酔っ払ってておいし~!とか大の大人がはしゃぎながら食べてたことしか思い出せません。

ここで、ゆず酒をオーダー。
酔に拍車がかかりますが、料理と酒がメッチャ合うので、酒が止まりません。

そして・・・なんだっけ、コレ?
筍がメッチャうまかったのを覚えている。
表面の焦げ目のビターさと、コクのある醤油っぽい味付けが良い!
美味ぃ!

そして、今度はノーマル獺祭!
もう・・・おれ、このあたりから意識が怪しい。
なにか余計なことを喋っていなければいいが・・・

鍋物。
熱々だった、当然か・・・見たらわかる。
ココでも筍大暴れ、超ウマイ!

なんか、コレ・・・日本酒にめちゃあうんですけど!?

至福の白ご飯。
最後にご飯、土鍋で炊いたごはんですよ!
土鍋にご飯があるかぎりおかわり自由です!

一度、白ご飯をそまま味わって、おかわり!

そしてベストマリアージュ、卵!

ベストオブ、TKG!!!
美味いわぁ・・・

デザートは5種盛り!
どれも美味い、甘い、最高!


ほんと・・・美味しかったよぉ・・・
和食って食べつけなかったオレがこんなに残さず、全部美味しく和食が平らげられるとは、恐るべし。
なんかね、もっとこうだったら良いなぁ・・・とか思う料理が一つもなかった。
全部美味しかった。
この偏食気味のオレがそう思うんだもんなぁ・・・すごいよ。

ちなみに、料理人の方に「すべての人が美味しいと思える料理って作れるんですか・・・」とか、馬鹿な質問をしてみたら、「難しいですねぇ・・・」って笑っていた。

いやぁ・・・なんだろね。

でも美味しかったわぁ・・・またぜひ行くとしよう。

では。

0 件のコメント: