2016年4月5日火曜日

ごちそうになりました!

すっかり春!
桜満開で超観光シーズン!

そんな京都に、九州の親戚の方々が観光に来られました。
そこで、一緒に食事でもどうですか?
と、お誘いを受けまして、行ってきました。

場所は、京都八百一本館(やおいちほんかん)。


すっかり暗くなっているので、見た感じ良くわかりませんが、ちょっと高級なスーパーです。
店内は、少し高級目の野菜などが売られている。


これだけ見ると近場のスーパーかなぁ・・・と思うんですが・・・
なんとこの八百一、屋上に畑があるんですよ!


なんともシュールな・・・
京都の六角堂の近く、つまりは三条と四条の間。
こんな場所にあるスーパーの屋上に畑がねぇ・・・

で、もっとシュールなのが、その畑の前にあるセイボリーというフランス料理店。


ここで・・・およばれ・・・とか・・・
チョット場違いではないかと心配しながら、親戚の方がと入店。

うわぁ・・・ちょっと・・・いや、かなりいい感じのお店だ。
京都市内ど真ん中だけど、店から見られる景色が畑!
なんともまぁ・・・

で、そこでの晩ごはん。


キーーーーー!

店内は静かで・・・料理はとても凝っていて・・・
もちろん見た目だけではない・・美味いですわ・・・
いや、もう・・・ほんと見た目も味も、とてもファンタスティック!
メインの肉なんか、脂身が、サシがとっても少ないのに、濃厚でとっても柔らかくて、控えめではあるが酸味のきいたソースと相まって、すげぇ美味い。
なんつーか、近江牛とはまた違ったまったりとした美味しさがある。

野菜も目の前の畑から取れたた新鮮食材なんだろうか?
香りが高く、シャキシャキしていてとっても美味い。
この野菜嫌いのオレがおいしくいただけるレベルの野菜とか・・・極めてレアである。

つーか、いいのか、オレ?
平日からこんなに贅沢をして!!

そして、楽しく話をしながら京都の夜は更けていく。
いかん!
思わず明日も平日で仕事があることを忘れしまいそうだ!
(実際にワインを2杯ぐらい頂いてしまった)

と・・・なんか良い感じの今日このごろ・・・
ほんと・・・ありがとうございます。
とっても美味しかったです。



0 件のコメント: