2017年1月9日月曜日

そろそろPCもスペックだけレンタルさせてよ

成人式だったのか、今日は。

まぁ、オレには関係ないけどね。
あ、いや関係あるか、「成人の日」のお陰で休めたんだよな、今日。

ありがとうございます、「成人の日」様。(成人様ではない)

ところで、こんな記事を見た。

グラフィックボード大手のNVIDIAが、グラフィックボードの「GPU性能」をオンライン上で貸し出すというPC版クラウドゲームサービス「GeForce NOW for Mac and PC」を発表しました。

Gigazine様に掲載された記事だけどね。
これ、どういうことだろう?
PC用のゲームを買ったとして、家のパソコンはスペックがクソで買ってきたゲームが満足に遊べない人のために、高性能PCを貸してあげるよ・・・と。

もちろん物理的に貸すんじゃなくて、ゲームを買ったところ・・・
主にダウンロードしてゲームを購入するSteamとかだろうけど、そこのサービスとして金払ったら、サーバーからゲームをストリーミングして遊べるぞー的な?

いいね・・・いいんじゃないですかね。

ほら、オレちょうどBlenderっていう3DCGソフトで流体シュミレーションやってたじゃないですか。
あれって、オレの家のPCじゃ思いっきり時間かかるんだよね。
それがさ、レンタルPCで思いっきり性能の良いマシン借りたら速攻でレンダリングとか出来たりしね?

あ・・・そういうのじゃない?

CG系アプリとか対応しない?

あくまでゲーム??

でも、SteamでもBlenderダウンロード出来ますけど?

おそらく対応しない?

だよなぁ・・・知らんけど。
おそらく対応しないだろうなぁ・・・あくまでもゲームとしてのプラットフォームだろうなぁ。

なんかさ・・・こういうサービス多様化して増やしてほしいなぁ。
Adobeさんとかもさ、CCを買い取りじゃなくて、使用料を取る形にしたじゃないですか。
そこにちょっとお金上乗せしてさ、高スペックPCのストリーミングサービスとかしてくれたら助かるんだけどね。
特に、PremiereCCとか、After EffectsCCとかさ、めっちゃマシンスペック要求するじゃないですか。
家のPCじゃキツイときあるんだよねぇ・・・
あとAfter EffectsCC用のレンダリングファームも貸してもらえるとか・・・

自分で言うのもなんだけど、こういうサービス良いんじゃね?
スペックを必要な分だけ金で借りたい人なんて山のようにいると思うよ?
だってさ、普段使いでは必要ないじゃないですか、そこまでのスペック。
でさ、そんなに頻繁には使わない作業のために高スペックのPC買うのってもったいないし。
個人でも企業でも同じだと思うけどねぇ・・・

てか、ぜひ始めてくださいAdobeさん。
その時々で最新の超ヤベースペックのPCをレンタルさせてくれー!

って・・・ね。

まぁいいや、明日からまた仕事だ、今日はまぁ・・・寝ようかな。

では。

0 件のコメント: