2008年5月24日土曜日

ゲネプロを見て。

さて、第8回全国障害者芸術・文化祭滋賀大会のリハ現場に来ています。

入口で関係者でーす!とか言って現場に入って、スタッフ章をもらい、楽屋へ・・・
もちろんブログ目的の撮影なんか、かなりの勢いで禁止っぽい空気が流れています。
オレとOさん以外のスタッフは走り回っております。
携帯で写真撮った日には追い出されること請け合いです。
大ホールではすでにゲネプロが始まっており、カメラ位置やライトの下見をしたんですが・・・

やばいねぇ・・・暗すぎる。
まぁコンサートだしそんなもんなんだろうけど、オレの持ってるカメラでは撮りきれるだろうか・・・。
また、レンズも手ぶれ補正のついてない極めて安価なものを使っているのでシャッタースピードを抑えきれないし、ズームの倍率も知れている。

本番ちゃんと撮れるだろうか・・・。
かなり自信がなくなってきました。

つーか、今回コンサート記録用にビデオカメラは5台も回っているらしい。
それなのに、記録写真を撮るスタッフを配置してないので、オレがオフィシャルになるらしい。

いやーん!

もっといいカメラ買ってください。
じゃないと撮れない感じです。
せめて・・・レンズを・・・

0 件のコメント: