2007年11月9日金曜日

治りました。

さっきから修理してたパソコンが治りました。
やはりオレ天才。
(そういうことにしておいてくれ)

まず、メモリの刺さり具合が微妙にゆるかった。
つまり外れていたんだな、メモリ。
お客さんはパソコンあけてないと言っていたが、実はあけていたらしい。
だって、ケースの継ぎ目にドライバーか何かでこじ開けようとした跡があった。
さらにケースを開けてみるとケースの蓋を止めているツメが半分折れていた。どう考えたって開けてるよ・・・。
たぶんその際にメモリもいじったんだろうな・・・

話は前後するが、お客さんはどうやらパソコンを開ける前にリカバリも試みたらしい。
しかもHDDを交換して。
HDD容量を増やそうとしたのかな?

どうやらお客さんがパソコンのHDDを換装した際にパーテーションを切らずにCドライブのみをリカバリしたらしい。リカバリソフトはノートンのゴースト。パーテーションを設定せずに新しいHDDでリカバリしようとしたのか。
それでウィンドウズが起動しなくなったんだろうな。
そして動かなくなったパソコンを治そうと、開けてみたんだろうな。

なので、メモリ挿し直してOSをリカバリの際、今度はすべてのドライブをリカバリしました。(日本語が微妙だな。)
それで治りました。

どうだ、ほめてくれ!

0 件のコメント: