2015年1月11日日曜日

有頂天!

「学校のカイダン」が始まった。



とりあえず録画もしていたが、リアルタイム間に合ったので途中から見てみたが・・・
ドラマ自体は・・・
よくわからなかったなぁ。
なんか、「言葉」を使って学校でのし上がっていく(?)話なのかな?
まぁ、そんなにシンプルでもないだろうけどね。

たださ、「言葉」ってコンセプトがさ、「リーガル・ハイ」と被ってねぇ。
天才スピーチライターって人の演技がどうしても、リーガル・ハイの古美門に見えてしまって。
同じコトやろうとすると、堺雅人さんには敵わないんじゃないかなぁ・・・
その辺も見ていて痛々しかった。

話している内容はリーガル・ハイと違って全然共感できないとか・・・
まぁ、オレ学生じゃないし、あの手の感情に訴えかけるスピーチって苦手だからね。
だって、人によって受け方が変わる話だからねぇ・・・
それも序盤だし、変わっていくかもしれないけど。

とにかく、まぁ・・・見ていてちょっとアレなドラマだったなぁ。

で、なんでそんなドラマ最後まで必死に見ていたかというと・・・

そうですね、B'zですね。
B'zが主題歌歌ってるからね。
「有頂天」

なんか、曲とドラマの内容があってないような気がしたけど・・・
まぁ、最後まで見ていたら、それほどでもなかったな。
あまり違和感はなかった。

そして、その「有頂天」がこの14日発売だよね。
買わなきゃな。
まぁ、予約しているけど。
早く、発売されないかなぁ・・・
そんで、早くライブに行きたい。

では・・・



0 件のコメント: