2015年1月22日木曜日

Windows10は、Windows8.1,7から無償でアップデートできるらしい・・・

Windows10のアップデートが無料だって!?



ほほぉ・・・無料ですか・・・
それは素晴らしい!

と、安ければなんでもいいと思っているオレには朗報なのですが。

先だってマイクロソフトが行った「Windows 10:The next chapter」って言うイベントで、今年後半に発売される予定のWindows 10は、リリースされてから1年間は、Windows 7、Windows 8.1、Windows Phone 8.1のユーザーが無料でアップグレード可能になると発表したんですよ。

無料!

それは素晴らしい。(大事なことなので2回言いました。)
ちなみに、Windows10(テクニカルプレビュー版)の動作要件は・・・

1GHz以上のCPU
32bitは1GB、64bitは2GBのメモリ
16GBのHDD空き容量
DirectX 9のGPU
Microsoftアカウント

なんと!Microsoftのアカウントは必須なのか?
やってみなけりゃわかんないけど・・・。

このほか、ストアアプリのダウンロードには1,024×768ドット以上の解像度が必要となっており、Windows 8.1の動作環境と同じ。Windows 7以降では、環境を引き継ぎながら上書きもできるが、プログラムの性質上、メインマシンに入れるべきではないとのこと。

思ったより、ハード・ウェア要件は高くない。
てか、Windows7から上がってないね、コレは。
良いんじゃないでしょうか?

ただ・・・逆に考えると、(割と不便な)Windows8からならともかく、(結構便利な)Windows7から、あえてWindows10に乗り換える理由ってあるんでしょうかね?

今のところ思い浮かばないなぁ・・・
オレのイメージでは、Windows10ってのは、かなり不評だったWindows8を世間から忘れさせるために出来たOSだと思うから。

まぁ・・・でも新しい物好きなオレはどうせWindows10にするんだろうから。
無料ってのはいい事ですよ。

早く・・・Windows10出ないかなぁ・・・

0 件のコメント: