2013年11月16日土曜日

字幕は難しい・・・

今、とある映像に字幕を入れる作業を行っています。

いやぁ・・・難しいですね。

基本的に、

1,映像から音声を書き出す。
2,それをテロップにして映像に入れる

それだけの作業だと思っていたんですが、なかなかどうして一筋縄ではいきません。

まず、音声を書き出すのが難しい。
もう音声なんてとても曖昧なものだから、どこまでが意味のある音で、どこまでがノイズなのか・・・
判断が非常に難しい。
単に音の大小で決められない。
音は小さいけど、必要なセリフもあるし、音が大きいだけで意味のないものもある。
ソレの判断をどう付けるか・・・

非常に悩ましい。

この音は必要なのか、不必要なのか・・・
ひたすらヘッドフォンで音を拾いながら判断していく。

あと、今回はただの字幕ではなくて、聴覚障害者の為の字幕だということ。
なので、音楽や環境音も必要であれば擬音化して入れていく。

お湯が沸くのは・・・
コポコピ・・・なのかゴボゴボなのか・・・

アスファルトの上を歩く時の音。
セッタ履いてるから、シャッシャッって聞こえるけど、そう書いたら誰も理解できないだろうし・・・

新聞紙を破る音。
イメージではビリビリ・・・って書きたいけど、実際に聞こえる音はビービーって感じだし・・・。

どうすりゃいいんだよ。
いや、マジ難しいわ。

そんなんだから、一時間作業して、映像5分しか進まない・・・
映像全体が1時間50分あるし・・・気の遠くなる作業だなぁ。

肩こるし。
まぁ・・・もうちょいガンバるか!

0 件のコメント: