2013年11月4日月曜日

京都のうどんミュージアムに行きました!

さて、INFINI(アンフィニ)の試合の帰り・・・
折角京都まできたので、念願だった京都の「うどんミュージアム」に行ってきました!

まず、場所ですが京都四条のどまんなか!
結構いい立地です。
詳細は後でマップでも掲載するとして・・・

外観だがこんな感じ。
ちょっと・・・なんつーか、意外とわかりにくい感じだった。
オレ、最初気が付かずにスルーしてしまった。
折角表にうどんのキャラクターがいたのに・・・ゴメンさい。

で、入るとおもむろに全国のうどん一覧が・・・
ほほぉ・・・全国の有名ドコロのうどんだろうけど、こんなにイッパイあるのか。
てか、マイナーものも含めると、もっとたくさんのうどんの種類があるんだろうな。
でも、気になったのは種類の多さではなく、その下に書いてある・・

「見る・学ぶ・食べる」

と言う文言だ。
コレって・・・どういう事だろうか?
気にしても仕方ないので、先に進む。

先に進むとこんな感じ。
なんか京都っぽい作りだなぁ・・・
細い路地を通ると、先にまたドアが・・・その先が店なのかな?


っと、ドアを抜けると買い物する所があって、おみやげ用の持ち帰りうどんが売っている。
まぁ・・・思ったほど広くないし、種類もそんなに多くない。
なんつーか、高速のサービスエリアの一角って感じ。

そして、その売店の奥。
そこがイートイン、てか食べるスペースになっている。

それが下の写真。
まぁ・・・座敷である。
完全にバリアフリーでは無い。
ちょいと残念。

だが、折角ここまで来たので上がってうどんを食べていくことにした。


靴を脱ぎ部屋にはいると・・・
せま!
テーブルが3つだけ・・・とか・・・もっと客来たらどうするよ?
もしかして・・・来ないの?
うーん・・・なんか微妙。

まぁいいや。
メニュー見て食べるうどんを決めるんだが・・・
とりあえず食べたいうどんは決まっていたので、ちょうど良いメニューを選んだ。

うどんミュージアムで人気のうんど2種類と、京ちりめん山椒ごはんの3種類がセットになってるメニューだ。

まず、栃木県の「耳うどん」

こんな、うどんっぽくない耳たぶみたいなうどんが入っている。
もちもちした食感が楽しい。
しかし、コレはうどんなんだろうか?


もう一つのうどんが、群馬県の「ひもかわ」
なんか・・・もう・・・ぴらぁっとした何かだ。
間違ってもうどんには見えない。
てか・・・成分はうどんなんだろうけど。コレをうどんと称するのは・・・
んで、コレを濃い目の出汁につけて食べるんだけど・・・
お・・・つるつるして美味しい?
なんか、コレはコレでありだ。
ちょっと・・・うどんぽくないけど・・・


んで、山椒ごはん。
これ・・・普通だよね。
あまりピリっとしない所がいいんだろうか?
ご飯が美味しかったけど、山椒は・・・存在感がちょっと薄めだった。

いやぁ・・・なかなか美味しいね。
てか、ここに来れば日本全国のメジャーどころのうどんが大抵食べれるとは・・・なかなか良いじゃないですか。
もう一回ぐらい来ようかな?

ただなぁ・・・
ちょっとコスパが・・・アレだ・・・全体的にお値段が少し高めだ。
このオレの食ったセットが、1680円だ。
きっと地元なら、これの半額以下で食えるだろうに・・・
まぁ、そこは四条だし。
土地代だろうな。

あと、余談だけど。
こういう展示場っぽいブースもあった。
ココが「学ぶ」場所?
よくわかんないね。

まぁいいや。

そんな「うどんミュージアム」でした。


大きな地図で見る

0 件のコメント: