2013年11月22日金曜日

動画の仕事はいつも手探り

動画の仕事はいつも手探り。
なんか、いつも新しい仕事になってしまう。
やった事のない自分としては知識の足りない事を初めからやらなきゃいけない仕事だ。

ま、そりゃ経験とかセオリーとかルールみたいなものは覚えていくんだけど。
何だろ・・・いつも新しいし、新鮮だし、不安もいっぱいだ。
だって、毎回新しいジャンルで新しいものを作らないといけないからな。

まったく同じ映像を作ることは無いし、テンプレートもない。(てか、テンプレートは嫌だ。)
結婚式の余興の映像だって、毎回毎回、マッタク違うアプローチだ。

下手すりゃソフトだって変わってしまう。
とくにAdobe系ソフトのバージョンアップは・・・なかなか厳しい。
使い勝手が結構変わる・・・事も多い。
見た目や、実質的な変化は少ないけど、結構毎回良く使う部分に変化があることが多いので・・・
なれるのに時間がかかって嫌だ・・・。

それでも、ソフトウェアに関しては(出来たら)毎回でも新しいものを入れたい。
プラグインの追加でもいいんだ。
新しい技術とか、新しい表現力を手に入れられるからね。
それが、新たなモチベーションにもなる。

それで新しいものを、作るんだ。

そうだよなぁ・・・
ソレが楽しいんだよな。
毎回変化する新しさが楽しいだよ、映像は。
新しい現場に行ったら、新しい知識も身につくしね。

やっぱ映像作成ってクリエイティブな仕事だなぁ・・・と思う。
それは、映像をデザインしていく創造的なクリエイティビティもあるけど、毎回スタート地点が新しい、新しいものを考えるって言うのもあるだろうな。
新しいスタートから、新しい映像を作るんだからな。

まぁ・・・思うようにいかなくてストレスも溜まるし、疲れ果てるけど・・・

それでも楽しいよ。
毎回違うゴールだから。

まったく面白い仕事だよ。

ふと、そんな事思ったのさ。

0 件のコメント: