2013年7月23日火曜日

Facebookでアプリを削除する方法

Facebookやってると、やたらと「○○診断」とか、「○○名言集」とか、ちょっと面白そうな診断系のコンテンツがあるじゃないですか。
アレね、診断だ判定だと書かれているが、所詮ランダムなんだよねぇ・・・
とか、わかっていてもやってしまうのが人の性。

面白そうだと、占いなり、診断なり、アプリケーションを続行しようとすると、そのアプリケーションが「あなたの代わりに投稿させてもいいですか?」的な許可を求めてくるじゃないですか。
当然、許可しないとアプリが前に進まないので、わりと何も考えずに許可しますよね。

そうすると、「このアプリに出来る事」ってのが、

  • このアプリが私にかわって近況アップデート、写真等を投稿することを許可します。
  • このアプリがあなたにかわって、「いいね!」したコンテンツ、あなたが撮影した写真等を投稿することを許可します。

ヘタすると、

  • ニュースフィードへのアクセス
  • カスタム友達リストへのアクセス

とか、いろんな事、「許可」しちゃってるわけですよ。
わかってやってるならいいけど、わからずにやってる人も多んじゃないでしょうか?

そしてアレ・・・気がついたら結構溜まってくるもんでして。
もちろん、大丈夫だとは思うんですがね。
でも、まぁ・・・使わないサービスっつーかアプリを、ずっと登録しとくのも気持ち悪いし、いつ何時悪用されないとも限らないので、使ってなさそうなアプリは消しちゃいましょう。


では・・・パソコンでやりますよ。

・「アカウント」→「プライバシー設定」を選択



・「アプリ」を選択


・使用しているアプリ一覧が出てくるので、必要のないアプリの「削除」をクリック


・「○○を削除しますか?」というダイアログボックスが開くので「削除」をクリック


以上ですね。

まぁ・・・なんてことない作業です。
ただ、自分のアカウント管理として時々確認しておいたほうがいいんじゃないか・・・って話です。

最近物騒ですからねぇ。
Facebookのなりすましとか、アカウント乗っ取りとか、割と簡単に出来るらしいですよ。
こういう使わないアプリの削除とか、パスワードを頻繁に変えるとか、知らない人を友達として承認しないとか。
特に、知らない人から友達申請来た場合、よーく考えて・・・思い当たるフシがない場合は、絶対に承認しちゃダメですよ。
3人そういう人を承認しちゃったら、最悪簡単に乗っ取られますからね。

便利なサービスには、わかりにくいリスクも伴うっていうことを覚えておくといいかもです。

注意して、リスクは軽減しておきましょう。

では・・・そういう事で。

0 件のコメント: