2016年12月25日日曜日

「バイオハザード ザ・ファイナル」観てきた!

『バイオハザード: ザ・ファイナル』 (Resident Evil: The Final Chapter) をみてきたよ!


クリスマスイブに!
スターウォーズもまだ見てないのに、とりあえずバイオハザードをみちゃったよ。

いやぁ、面白かった、あっという間に見終えてきたよ。
レイト行ったんだけど、眠くなったり、ダルクなったり、そういうの全然なかったなぁ。

この、『バイオハザード: ザ・ファイナル』って、ハリウッド映画版「バイオハザード」の6作目にて、最終章だよね。
今まで続いたバイオハザードがどう完結するのか楽しみだったけど、あぁ・・・なるほど、って感じで違和感なく・・・見られたかな?

ミラジョボビッチさん、お疲れさまでした!
一作目から、今作まで。
(そんなに)変わらない美貌で・・・すごいなぁ、と思ったよ。

で・・・あんまりネタバレするのもなんだし、ちょいと思ったことを2,3。

映像とかシナリオだけどさ。
原点回帰してるね、1作目みたいに「シーン」・・・としているところから、一気に「ドン!」的な。
あの、バイオハザードお得意のビックリシーン。
わかってても驚くんだよね。
あれ見ると、バイオハザード見てるわぁ・・・って安心(?)する。
あと映像が泥臭くてゴミゴミしててよかった、荒廃したアメリカがわりと表現されていたと思う。
4,5作とかセット感丸出しだったじゃないですか。
あれはあれで・・・嫌いじゃないけど、バイオハザードにしちゃぁ綺麗すぎるな・・・って。
安っぽい感じしてたもんなぁ。
あぁ・・・セットにお金かけられないんだなぁ・・・とか見てて思ってしまったもんだよ。
それが、ザ・ファイナルにふさわしい・・・かどうかわからんけど、見事な原点回帰で見ごたえあったよ。


あと、ローラ出てるよね。
ローラの最後まで気が付かなかった。
死に際に顔のアップがあって、そこで初めて・・・「あ、ローラだ・・・」ってね。
いやぁ、違和感なかったわ。
ハーフだからねぇ、全然違和感なく溶け込んでた、演技もよかったんじゃないでしょうか?
しかし、扱いがモブ寸前じゃないか?
ちょっと薄かったなぁ・・・

あと、ファイナルに限ったことじゃないけどさ。
3作目ぐらいから映画の舞台が荒廃した地域が多くてさ。
あまり物資もない中で話が進んでいくんだよね。
とくに食料、燃料なんかは、どこに行ってもたいてい腐ってたり、干からびてたりするけどさ。
武器だけは、かならずあって完全に動作するんだよね。
(おそらく)何年も放置されている爆弾とかがちゃんと機能したりね。
いやぁ、そこはゲームライクで面白かったわ。
もはや、バイオハザードあるあるだね。

あと・・・エンディング・・・曲が日本版はラルクアンシエルなんだよねぇ・・・
いやぁ・・・さすがに違和感あったわ。
洋画で日本語のエンディング曲。
曲自体が悪いとは思わないけど、場違いっていうかなぁ・・・一気に現実に引き戻された感じで。
ちょっと残念な感じだ。
これって、本家アメリカではどんな曲かかったるんだろう?
やっぱオフィシャルトレーラーで使われていた、ガンズのParadise Cityかな?
アレ、かっこよかったよな。
ボロボロに荒廃して、もうどうしよもない街捕まえて、「パラダイスシティ」だもんな。

こっちで見たかったなぁ・・・
まぁ、いいけどさ。

まぁ、面白かったわ。
これでバイオハザードも見納めかと思うと、ちょっと寂しいぐらいさ。

では・・・こんどこそ、スターウォーズ ローグワン見に行くかな・・・

0 件のコメント: