2009年1月6日火曜日

DVDから動画ファイルを作る方法

ま、オレが仕事で映像関係をやっていることは・・・知らないですか?
とにかく今週が終わった。
最近ではこんなところで動画の編集もしていたし、もちろん撮影も行う。
今日の撮影
他にもこのブログを「撮影」で検索すればいくつか出てくるだろう。

ま、それはいい。

そんなんでね、動画にかかわる仕事が入ってくる事があるんですが、動画の仕事って色々あって、時々「DVDをリッピングしてくれ。」てな仕事も舞い込む事がある。
もちろん違法じゃないよ。
自社の啓発用DVDをネットで配信したいから、DVDから配信用動画ファイルを作らないといけない場合なんかがそうだ。
それと、オレ自身が作った映像をDVDにしたはいいが、元映像データを消したときなんかもDVDから映像ファイルを取り出す。
また、自分のかかわった映像をPS3で見るためにLinkStationにデータで保存するためなんかにも、DVDから動画を取り出す。

そこで、オレが普段フリーソフトを使って、DVDから動画を取り出す方法を書いておこう。
あくまでも、仕事で使ってる方法だし、ここに書いた方法を悪用しないでね。
個人責任で行ってください。

では・・・

用意するソフト(全部フリー、場所は自分で探してね。)
・x264(コーデック、動画のエンコードに必要)
・DVD43(DVDのプロテクトを解除する)
・HardBreak(色んなソースから動画を書き出すソフト)

上記のソフトを書かれた順番にインストールしてください。
x264はインストールするだけ、DVD43もインストールするだけだが常駐するので注意。
たぶんこの辺で一回再起動する。
そんで最後にHardBreakをインストールし、もう一回再起動する。

再起動がすんだら、書き出したいDVDをパソコンのドライブにセットする。
そうすると、常駐しているDVD43が10秒程度でDVDのプロテクトを解除する。
それがすんだら、HardBreakを立ち上げて、ソースからDVDを選び、プリセットから何の動画を書き出すか選ぶ。ファイルの出力先を選んで、スタートを押すとエンコードを始める。
HardBreak
もちろん、その他にも細かいセッティングが出来るが、これだけの操作でとりあえずDVDから動画を書き出す事が出来る。
楽勝だ。

あ・・・本当に悪用しないでね。

0 件のコメント: