2012年5月31日木曜日

コーヒー愛飲家「死亡リスク低い」 米で追跡調査・・・だそうだ!

コーヒー愛飲家「死亡リスク低い」 米で追跡調査
コーヒーを1日2杯以上飲む人は、飲まない人に比べて死亡するリスクが10%以上低いことが、米国立保健研究所(NIH)の大規模追跡調査でわかった。ただし、がんによる死亡リスクは減らなかった。米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表された。
NIHは1995年から2008年まで14年間にわたり、米国内に住む50~71歳の男性約23万人、女性約17万人を追跡した。コーヒーをよく飲む人ほど、喫煙や飲酒、肉食を好むなどの習慣があったため、これらの要因を補正した。
コーヒーを全く飲まない人に比べ、1日1杯飲む男性は6%、2~3杯は10%、4~5杯は12%、女性はそれぞれ5%、13%、16%死亡リスクが低かった。1杯以下ではほとんどリスクは変わらず、6杯以上飲むと、4~5杯飲む人よりリスクはやや高かった。
だそうだ!
いいよ、良い感じだよ!
オレ、コーヒー大好きで一日に缶コーヒーを3本以上飲むんですよ!

え・・・缶コーヒーはダメかな?
普通のドリップしたコーヒーじゃないとダメかな?
ま、それでもコーヒーよく飲むしね。
きっと死亡率が、コーヒーを飲まない空想のオレに比べて、ほんの少し低いに違いない。

ま、そうは言っても、コーヒー以外の部分では不摂生極まりない生活をしているので、普通の人に比べて寿命は短そうなオレだが・・・。
とにかく、昔からコーヒーを飲み続けているオレは・・・まぁ・・・良い感じかもしれない。

コーヒーバンザイ!

・・・と、それだけ。

0 件のコメント: