2012年5月29日火曜日

iPhoneで撮った写真(HOLGAレンズ使用)

昨日、iPhone用のHOLGAレンズを買ったので、ちょっと試してみた。
久しぶりにiPhoneのケースを変えた。 参照)




うん、面白い。
別に解像度が上がるわけでもないし、アングルや構成が良くなるわけでもない。
単に、いつもよりチョット変わった写真が撮れただけだ。
実用性は、皆無だろう。
でもね、それが新鮮なんだよな。

なんか写真好きで色々撮ってると、マンネリっていうか自分の想像を超えなくなってくるって言うか、写真が自分を裏切らなくなってくる。
そら、いいカメラでカメラ自体を使いこなして行けば行くほど、そうなるわなぁ・・・。
撮りたいものが撮れるっていうか・・・いや、そうなってくるんだよな。

んで、このHOLGAレンズ。
やっぱ何が写るかわからない感じが良い。
いい意味で、プレイヤーを裏切る感じだ。
いつものiPhoneでカメラのシャッターをタップすると、変な写真が撮れるんだから。

たぶん、ご覧のとおり写真自体はつまんない写真である。
人が見ればそういうもんだろう。
でも、オレは違うんだよ。
しょーもない写真でも、ちょっとワクワクする。
自分がiPhone向けていつもどおり撮ってるんだけど、おかしなものが写るわけだから。

なんて言ったらイイか・・・
そう、情熱的なレンズだな。
流石はHOLGAってところだ。

つーか・・・トイカメラ始めようかな?
意外とよさそう。
ま、フィルムカメラとかの現像とかはできそうにないから、トイデジカメとかあればソコから始めなきゃな。
まだまだトイカメラはフィルムが多いしね。

こんど、ビレッジバンガード行ってカメラ眺めてみようっと・・・。

0 件のコメント: