2012年5月9日水曜日

あいたた・・・・大量のTwitterアカウントが流出した模様・・・

おーマジでか、すっげぇヤバクネ?
Twitterが匿名のハッカー(当たり前?)にハッキングされ55,000名分のアカウント情報が流出したらしい。

一応ソースはコチラでね、機械翻訳するとこんな感じになる。
今日は匿名のハッカーはペーストビンを介して複数の55.000ハッキングされたTwitterアカウントのユーザ名とパスワードを流出させた。それはTwitterのアカウントのような膨大な数がハッキングされているかを見ることは非常に衝撃的だった。また、有名人のアカウントがハッキングされています。

"マイクロブログプラットフォームは、このハックを認識しており、悪意のある活動から人々のアカウントを保存するために必要な行動を取っていた"、Twitterのインサイダーは述べています。

それは巨大でしたが、55.000+アカウントがハッキングされ、それが単一のペーストのユーザ名とパスワードのような巨大な山を共有することはできませんでしたされています。そのため、データを漏洩するハッカー5ペーストビンのページを取った。このハックはちょうど彼らがいつでもハッキングされる可能性がTwitterユーザー他の何百万人に警告です。

Twitterがそのユーザーデータを安全に保つために必要な措置を講じていないことを信じられない。でも、過去も含め、有名人のアカウントにハッキングの膨大な数に遭遇した後。彼らが行う必要があるすべてのパスワードを変更しながら、申し込み時にパスワード強度チェッカーを追加することです。と、ユーザーが強力なパスワードを作成するために導く。つまり、ユーザーの不満の多くを救うことができる

アカウントがハッキングされているかどうかを確認するには、この5ペーストビンページを通過する
( page 1 | page 2 | page 3 | page 4 | page 5 )
ちょうどあなたのブラウザに検索機能を使用して簡単にアカウントを検索する(CTRL+ F)あなたの電子メールIDを入力します。
あーすげ。
意味ワカンネ・・・
とにかくTwitterのアカウント持ってる人、要注意って訳ね。 
ちなみに、2010年9月時点で、登録ユーザー数は1億4500万人。
確かに今回流出した55,000名分のアカウント情報って多い気するけど、全体の0.03%ってとこ?
まぁ自分のアカウントが流出してる確率は低いよね。


それでも自分のアカウントデータが流出しているかどうか気になる人は、上記の( page 1 | page 2 | page 3 | page 4 | page 5 )ってところのリンク先から調べられますが、こっちの方が便利、メアド入れるだけで確認ができます。(コッチは5月16日まで公開の予定ね)
気休めにもなるし、皆さん一度調べてみてはどうですか?


あ、オレは流出してなかったようだ。
一安心・・・
おっと、もし万が一アカウントが流出してた人は・・・
◇パスワードを変更するには
「Twitter」のパスワードを変更する方法 - nanapi Web
で、パスワードの変更をオススメします。
下手すりゃ乗っ取られるからね。

いやぁ・・・しかし、こんなソーシャルサービスからデータが流出するってマズイよね。
てか、まだ匿名が多いTwitterだから笑えるけど、基本実名のFacebookだったら・・・恐ろしい・・・
うーん、さすがにしっかりして欲しいところだ。


0 件のコメント: