2016年10月15日土曜日

大阪の富田林に視察に行ってきました。

大阪の富田林に視察・・・

なんていうと偉そうだなぁ・・・
でも、一応事実だから仕方ない。

富田林にある寺内町ってとは江戸時代の街並みがわりと残っているところ。
しかもただ単に古い町並みが残っているだけではなく、残っている古民家にテナントなんかを入れて、町おこしなんかも成功している・・・そういう町づくり的先進地域らしい。
そういうところをオレの職場周りの商店街なんかにも生かせないか・・・
という趣旨でまぁ・・・行ってきたわけだ・・・

で、富田林。
大阪だから、滋賀から遠い・・・
電車乗り継いで2時間って感じだ。

電車に乗りつかれて・・・やっと着いた富田林。

いい天気だなぁ・・・
そして静かだ・・・

まぁ、視察って事は仕事だからね。
あんまり詳細は書かないよ。

まず、駅前にある市管轄の「きらめきファクトリー」案内されて。
案内人と合流。

そっから寺内町を散策しながら街並みを見て回ります。
そして飯。


飯は時間がないので、30分程度でさっさと切り上げ、観光物産展へ。
そこで、寺内町活性化させるためのNPOを運営している人から寺内町の歴史をレクチャーされる。

オレも信長のシェフを読んでるから、まったく歴史に疎いわけではないぞ!と思っていたが、まぁ・・・その系の知識はさっぱりだめで、正直話の内容が3分の2ほどしか入ってこなかった。

でも勉強になった。
基本オレ、歴史嫌いじゃないかも・・・?

その後、また町を散策。

今、だんじりやってるらしくて、公園にこんなのが・・・


こいつは、子供用らしくて結構小さいが、それでも精巧な彫り物がしてあって、なかなか・・・どうして地元の人たちのこだわりを感じたよ。

それにしても・・・静かだ・・・
なんか昔の街並みをプラプラ散歩しているだけでも、心が和む、不思議だ。
これぞ日本の原風景か?
そういうのが日本人の心に響くのか?

なんかなごむわぁ・・・

しかし、観光地としては大丈夫か?と思うぐらい人が少ない。
うーん・・・観光地・・・?
と不安になるも、あえて言うなら、これでいい。
人が多く集まり、ざわつき、ごみごみしてるのは、ちょっとなぁ・・・この街には似合わないんじゃないか?
まぁ、そんなこと言ったら観光物産の人たちに怒られるけどね。

そして一通り街並みを散策した後、これまた古民家を利用したカフェでコーヒーをいただき、帰路につく。

また電車で2時間・・・

あー楽しかった。
しかし、昨日に続いて今日の大阪だよ。
二日連続大阪ってねぇ・・・まぁいいや。

そんな一日、楽しかったです。

0 件のコメント: