iPadで知育!「かなもじ」

さて、昨日に引き続いてiPadを触っています。
ちなみに、今触っているiPadは3GS対応では無いので、Wifiなどの無線LAN環境がないとネットに繋がりません。

と言うわけでチョイスするアプリもオフラインでも動くものが望ましくなってきます。
もちろん、ダウンロード時には無線LAN環境が必要ですが・・・。

では、なるべくオフラインで使えるアプリってどんな感じだろう?
例えば、本を読む系のアプリ。
太鼓の達人のようにスタンドアロンで遊べるアプリ、後は・・・教育系アプリかな?
てなわけで、今回は知育アプリに挑戦してみました。

かなもじ」600円

うーん・・・また600円か。
iPadのアプリは高いのぉ・・・。

では、早速起動してみます。
うーん・・・ロゴはまんまだなぁ・・・教育的に不必要な装飾は無しって感じか?
この画面をタップすると、次は進みます。
タップすると、ドワっと平仮名が出てきます。
まぁiPadのアプリ共通の事項だけど、相変わらず取説がない。
でも、なくてもなんとなくわかる。
よって、今回も直感で「あ」をタップしてみます。
すると、「あ」と、かわいい声と共に、足のドアップが・・・
そして画面のどこかをタップすると、ちょっとしたアニメーションと共に、「あし」っとかわいい声が出ます。

ん・・・

まぁ・・・そんなこと今更・・・。

もっと画面をタップしたり、スライドしたりするとチョットしたアニメーションが見られます。
画面の右下隅をタップすると「い」に進みますし、左下隅をタップすると「ん」に戻ります。

そして左上の丸で囲まれた文字をタップすると、
ホイ、文字を各モードに移行します。
ご丁寧に書き順や書き出す方向まで記してありますね。
このとおりに指でなぞれば・・・
どうすか?
下手くそな字ですいません。
あぁそうだな。
このアプリ、(字の下手な)大人も使えるな。
結構なぞるって行為は、文字バランスとか分かりやすいですよ。

こんなアプリ、iPad向きですねぇホントに。
小さなお子様がいる所は是非オススメですね。
子供に遊ばせるついでに、大人も字の練習なんかしたりして。

かなもじ」。
600円ですが、iPadに入れておくと面白いですよ。

コメント

このブログの人気の投稿

「Biz Score Basic」対策としては・・・

Acer Aspire One ZG5を分解しよう(前編)

無料のAdobeCS2インストールをWin7にインストールしてみた。