2013年1月24日木曜日

電子ブック・・・意外と便利かも・・・その2

はい、その1でわりと電子書籍って便利だなぁ・・・とか書いていたんですが。
(電子ブック・・・意外と便利かも・・・その
もちろん、便利でオレ的にだいぶ良くなってきたんですよ。
ただ、使いはじめると少し不満なんかも出てきたりして。

その辺をちょっと書きだしてみると・・・


まず、値段。
やっぱぁ・・・少し割高感がある。
別に高くはないんだけどね。
例えば、ジョジョの奇妙な冒険第6部の1巻。
JUMPBOOKで購入すると、450円。
え?450円?高くね?

と、思ってしまう。

うーん・・・どうだろ・・・オレ、相場を知らないのでそう思うだけかもしれない。
ちょっと計算してみよう。

てな訳で、単行本、文庫、電子書籍それぞれの1話当たりの単価を出してみた。
ちなみに、書籍の値段は物によって若干違うので注意してね。
あくまでもこのブログを書いてる時点の値段と、ジョジョの奇妙な冒険第6部の1巻、2巻をサンプルしての話だから。
それと、もうホンマに最初に言っとくけど、間違ってたらごめん。

では・・・
ジョジョの奇妙な冒険第6部「ストーンフリー」
言わずと知れた、ジョジョの奇妙な冒険の第6部ですな。
この話、全部で158話あるらしい。
で、単価だが・・・。

集英社文庫
11巻セットで6930円
1巻630円
1巻平均14.4話

1話平均、「43.8円」

単行本
全17巻6970円
1巻410円
1巻平均9.3話

1話平均「44.1円」

JUMP BOOK(電子書籍)
全11巻4950円
1巻450円
1巻平均14.4話(1巻13話、2巻15話)

1話平均「34.6円」

えーと、上記の値段はアマゾンとかで調べたので、時期や書店などによって変わるかもしれないよ。
それと、アプリによっても違うかもしれない。
あくまでもJUMPBOOKで買ったら・・・の話だけど。

あ、やっぱ電子書籍は安いんだ。
チョットだけどね。
でもなぁ・・・紙媒体に比べて印刷代もかからないし、紙資源も使用しない。
ほとんどの物理的流通経路をすっとばせるし、在庫ももたなくていいだろ?
もうちょい安くてもよくね?
それにいろんな端末があるとは言っても、最初に高価な端末(オレの場合iPad)買ってるわけだから、その辺も考慮して欲しいなぁ・・・とか思うわけですよ。
ま、値段に関してはこんなもんかなぁ・・・。
普及してくりゃ下がるかな?今後もうちょい安くなることを祈って・・・


次、画質。
オレの買った、ジョジョの奇妙な冒険第6部の1,2巻の話だけどね。
うーん・・・そんなに悪くないんだけどなぁ、劇的に良い!事もない。
iPad2のサイズで普通に見てても、極希にモアレノイズが見える
てか、拡大したら目も当てられない。
贅沢かもしれんが、もうちょい画質上げてくれないかなぁ?
新しいiPadのRetinaディスプレイに合わせろとは言わないけど、どうせ今後各端末のディスプレイは高密度化していくんだからね。その時になって、画質の悪い電子書籍ばっかりじゃ普及の足引っ張ると思うんだけどねぇ・・・
画質・・・もうちょい良くして欲しい。

あ、サンプルは載せないよ、だってねぇ・・・著作権とかいろいろあるしねぇ。


最後、アプリの多さ。
いやぁ・・・もう電子書籍のアプリが多すぎるんだよ。
出版社が出してるアプリや、大手本屋が出してるアプリ、色々ありすぎる。
別にアプリだし場所取らないからいいけど、アプリ多すぎてどのアプリにどの書籍があったか覚えてらんねぇ。
てか、「ブラックジャックによろしく」とか、アプリ多すぎ!
なんで一つの漫画に対して、こんなにアプリ出てんの?
しかも無料だし、意味不明。
てか他のアプリとかも、もうちょい統一して欲しい。
ま、いずれは集約されていくんだろうけどね

ま、そんなこと言ってもわりかし便利な電子書籍。
部屋が本や漫画で覆い尽くされている人なんかにいいんじゃないでしょうか?

0 件のコメント: