2013年1月30日水曜日

iPad Retinaディスプレイモデルが2月5日に発売、容量は128GBに増量

iPad Retinaディスプレイモデルが2月5日に発売、容量は128GBに増量だそうだ。
Apple、iPad Retinaディスプレイモデルを128GBに増量

2倍のストレージ容量でさらに素晴らしいコンテンツの制作と閲覧が可能に

2013年 1月29日、Apple®は本日、第4世代であるiPad® Retina®ディスプレイモデルの128GB*バージョンを発表しました。128GBのiPad Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルは、従来の64GBモデルの2倍のストレージ容量を備えることで、写真、書類、プロジェクト、プレゼンテーション、書籍、映画、テ レビ番組、音楽、そしてアプリケーションといった価値あるコンテンツをさらにたくさん保存することができます。
【価格と販売について】
新 しい128GBバージョンの第4世代iPadは、ブラックおよびホワイトの2色で、2月5日(火)よりメーカー希望小売価格66,800円(Wi-Fiモ デル)と77,800円(Wi-Fi + Cellularモデル)にて販売開始を予定しています。128GB iPadは全バージョンが直営店のApple Store、Apple製品取扱店を通じて販売されます。iPad Retinaディスプレイ Wi-Fi モデルはApple Online Store(www.apple.com/jp)でも販売されます。

えーと・・・なんつーか・・・

どうでもいい。

なんでこのタイミングで出す?
第4世代のiPadって言うけど、ディスプレイが高解像度のRetinaでストレージ容量が128GBと今までの倍になったぐらい??
それで第4世代を謳っちゃう?
せいぜい3.2世代ってとこだろ・・・。

なにをそんなに行き急ぐのか?
プレスでも書かれているようにiPadが世界中で沢山の人に利用されているのは明白。
ここで、たいした違いもない新製品を投入したって供給過多になるのは目に見えてるようなきがするんだが?

気のせいか?

オレ、iPad2使ってるけど、そこから見ても欲しいと思わない。

アレか?
なんとなくマイナーアップデートしといて、単価釣り上げて売上高を落とさないようにする作戦か?
成功するとは思えない。

オレ的にアップル製品ってのは、iPhoneも、iPadも、年に一回の新製品が出るかどうかで、そのたびにおもしろ便利な機能(実用的じゃなくてもイイ)が付加され、ハードウェア的にも性能が結構アップしている。
そんなワクワクするようなエンターテイメント的な物だと思っていたのだが・・・。

今回の第4世代のiPadも需要がないとは思わないが、こう矢継ぎ早に新商品出してくると、なんか度のタイミングで買うのが正しいかわからなくなる。
どうせすぐ次のiPad出るんでしょ・・・的に買い控えてしまわないかな?
兎に角楽しさがない。

商品的にも楽しくないなら、別にSONYでもNECでも構わないって話になる。てか、むしろ性能的にも、面白さ的にもSONYの方がトンガッてる気がしてきた。

スティーブ・ジョブズが亡くなってから、いろいろ言われるAppleだけど、もうちょい楽しくやって欲しいな。
次のiPhone5S(だと思うけど)大丈夫かな?

0 件のコメント: