2008年3月25日火曜日

結婚式ビデオできました!

結婚式ビデオ」 で書きましたBさんのビデオが出来ました。
いつもビデオ編集はAdobe Premiere Pro で編集するんだが、今回は全面的にAfter Effectsを使った。After Effectsは派手な映像が作りやすいんだよね。その分動作が重く、めんどくさいけどね。

作品の方は、自分で言うのもなんだが、まぁまぁうまく出来たと思う。

最近は自宅でビデオカメラによる撮影が比較的容易になってきて、編集もWindows標準の機能で出来るようになってきた。するとオレらみたいな職業で映像屋をやっている人間は、より見た目で分かる派手さが求められるようになってくる。

いや、確かに地道で基本的な技術は必要だ。

何でも撮って派手に処理すれば言いという物ではない。普通に撮影し編集した画面にも技術の差というものは十分に出る。アングルとか間合いとかは、やはり技術が必要だ。自由な表現の中にでもセオリーは存在し、それは勉強した人にしか分からないものがある。
オレはまだそんな小難しいことは出来ないが、先輩とか仕事が出来る人が身近にいるので何となくそういう雰囲気は分かる。(うんちくは受け売りだが)

ただ、誰でも撮影編集が出来る環境になってきたということは、この事業自体の単価が下がるって事なんだ。珍しいものに対しては、それが出来ることだけで報酬単価が高くなる。珍しくないって事は報酬単価が下がる。
悲しいね。

ま、だから今回はちょっと珍しい映像の動かし方を使って派手さを前面に押し出してみたんだ。
仲間内に対するPRだね。
オレはこんな事が出来るぞ!と。
だから仕事頂戴ね!と。
一般の人うけもいいと思うしね。

あーでも時間かかった。
ソフトでイロイロできるって事はイロイロ考えないといけないことも増えるしね。
作業工程も増えたぁ・・・・

ま、結果よければ・・ということにしておこう。
結果は、本番ででるんだけどね、皆の評価が気になるよ・・・オレ当日の結婚式出るんだ、自分で作った映像見ないといけないんだ。
いくら、うまく出来たって言っても・・・自分の作品を他人の晴れの舞台で見るのは拷問だな。

あーあ、どうなんだろう?

0 件のコメント: