2014年10月17日金曜日

修伯に行ってきました

北九州から来た嫁のお母さんに誘われて、「修伯」という京都は東山にある和食屋さんに行ってきました。
しかし、毎度毎度高級なところに連れて行っていただいて、申し訳ない気持ちになってくるなぁ・・・
でも、まぁ・・・お言葉に甘えて行きますよ、「修伯」!

で、やって来ました京都は東山。
あぁ・・・なんか京都の東山付近っていうから、メッチャ人が多いのかとおもいきや、わりかし静かな路地にお店がありました。

修伯、とのれんの出ているお店。

へぇ・・・穴場っていうか・・・なんていうか。
きっと京都の良いお店は、観光客が怒涛のように襲いかかる観光ルートにはないんだなぁ・・・
ちょっと外れて静かなところにあるんだ。
だから長持ちするんだろう。

とか思いながら店を眺めて。


さて、入店。
ほほぉ・・・入ってすぐにはカウンターがあり、そこでみなさんお食事をされている。
今回オレたちご一行様は予約をしていたので、奥のテーブル席に案内される。
なんか・・・畳に椅子とか・・・凄いな。
(あとで知ったのですが、ここは完全予約制)

で、予約をしてあるので特に注文をする事なく・・・チョットしてから料理が運ばれてきました。


まずは野菜盛り込み。
紅心大根、万願寺赤唐辛子、青唐、冬瓜、素麺南瓜、ムカゴ、蓮芋、シロ芋茎、氷室じゃが芋、バターナッツ、生ピーナッツ揚げ、小玉葱、つる紫の花。
このシンプルな外観の中にどれだけ沢山の野菜が使われているのか・・・
凄いなぁ。
なんか、一つひとつそれぞれの個性が引き立つように調理されているのかな?
美味しいや。
オレが苦手としている冬瓜が普通に食べれたのには驚いた。
オレはピーマンとか、きゅうりとかそういう系統が苦手なのだが。
とくに、万願寺赤唐辛子は見た目むりかなぁ・・・と思ったけど、口に入れると苦味が全くなく美味しく食べられましたよ。
凄いねぇ。

次にお椀。
淡路産鱧、長野県産松茸、丹波しめじ、香茸包み揚げ、柚子
まず、お椀のデザインが綺麗!
あぁ・・・写真だと上手く伝わらないんだけど、黒と金。
厳かでゴージャスだわ・・・

そしてオープン!
先に行っとくと、オレは椎茸とかきのこ類も苦手なのだが・・・
さっきの勢いで食べてみると・・・
うま・い!
きのこ類独特の生臭さが全くない。
全く!
熱々のトロぉっとしたスープから松茸の香りと柚子の香りが立ち上る。
鱧(はも)のサッパリとした食感としめじとかの弾力のある触感が合わさって食べていて気持ちいい!
なんか、和食見なおしたわ・・・すげぇ。


お造り。
徳島産カマス、兵庫県産紅ズワイ蟹、蝦夷石影貝、淡路産蛸の子、土佐酢ゼリー
アップ!
なるほど、お造りだ、刺し身じゃない。
和食を食べるときに、こういう魚系が出てくる場合は、赤身とかの刺し身が出てくるかとおもいきや、ズワイガニとか、貝とか!
そして、未知の食べ物「蛸の子」ってなんだ?
カニのふわっとした甘み、サッパリしたカマス。
こちらはもともとキライな食材が無いので、意外感はなかったけど、美味しかったよ。


鮨。
長崎産サバの棒鮨。
また・・・
何と分厚いサバだよ・・・
オレの普段見慣れているサバ鮨って何だったんだよ。
で、食べてみると、鮨・・・と言う感じより、ものすごいサバの味わい・・・ボリューム。
もう圧巻、それでいてサッパリ!
なんつー食べ物だよ。


炭火焼。
北海道産天然ブリ味噌幽庵焼き、丹波栗白和え。
うーん・・・
コレは・・・魚を焼いた物・・・だ。
ソレ以外ではない。
今までの料理と違ってシンプルだなぁ。
いや、今までのもシンプルなんだろうけど、ものすごく手間暇かかっているのが垣間見れた。
だが・・・こいつは・・・なんか、まんま、焼き魚。
味も・・・あぁ・・・味はしっかりしているな。
もっとサッパリしているのかとおもいきや、魚の表面の香ばしく焦げた部分、それと白身。
焦げている部分に醤油だかなんだかの味が入っている。
美味しくて、あっという間に食べてしまったよ。


揚げ物。
無花果田楽。
こいつあぁ・・・
なんという食い物だ?
無花果(いちじく)の田楽って・・・
上に乗っかってるのは、味噌を焼いたもの。
そして無花果。
いや、マジではじめて食べたわ・・・
この甘めの味噌と、無花果を揚げたもの、合うよな、合う。
無花果の少し重厚な甘み、と味噌の甘辛さが合うんだ。
意外凄いなぁ・・・


ご飯。
滋賀県びわ町産新米コシヒカリ、出し巻き卵、イクラの醤油漬け、香の物。

うわぁ・・・
最後にご飯だよ。
いや、まぁそりゃ和食だしね。
ご飯ぐらい出るよ。

で、ご飯が美味しい・・・さすが滋賀県産のコシヒカリだ!
と、地元愛に・・・あ、オレもう京都人だったどすえ!

とにかく美味しいご飯で〆ました。
いやぁ・・・美味しい昼食だった。
修伯さんかぁ・・・また着たいなぁ。

まぁ、いつもいつも行けるとは思わないんですが・・・
とにかく大変おいしゅうございました。

修伯(しゅうはく)
TEL:075-551-2711
完全予約制
住所:京都府京都市東山区金園町392
営業時間:12:00~14:00 17:00~20:00
ランチ営業
定休日:月曜日・第三日曜日(4月11月以外)

0 件のコメント: