2013年2月6日水曜日

やっぱWindows8は面倒くさいわぁ・・・

今日、お客さんがWindows8のパソコンを持ってきた。

アレだ・・・使い方がわからないから教えてくれ!ってヤツだ。
お客さんは81歳、男性。
Windows歴は「Me」から使ってるそうだ。
それでも60歳ぐらいからだよな・・・すげぇ・・・下手すりゃオレよりWindows歴が長い。

で・・・、Windows8かぁ。
そらお客さんもダルイだろうなぁ・・・せっかく覚えてきたデスクトップオペレーションがないがしろになってるもんなぁ。

オレ的にもついに来たかぁ・・・って感じだ。
オレも正直いってあんまり得意じゃないんだ。
てか、Windows8って何かと色々面倒くさいからキライなんだよなぁ。

と、そんなこと言ってる場合じゃないのでお客さんが持ってきたノートパソコンを見る。
もちろんWindows8が起動している。
そしてお客さんが・・・


「コンピューターが無いんだけど?」


だ・よ・なぁ。
そうなんだよ、面倒くさいんだよ。
スタート画面のどっかクリックして「すべてのプログラム」を開けばわかるんだが・・・
そんなもんWindows7までは普通にスタートメニューにあったしね。
わかりにくいよなぁ・・・。

そして次。


「CDはどこにあるんだ?」


はぁ・・・そうだよ。
CDドライブのことだ、コンピューターをクリックすれば出てくるんだが。
「コンピューター」が出てこないから、当然ドライブ関係もみれない。
お客さんいわく、一太郎のCDを入れたのに、出てこないと。

いやぁ・・・
よく見たら、CD入れた瞬間右上にメッセージが出るんだが・・・
わかりにくいよなぁ・・・。
見逃したら終わりだし、反射神経試されてるのかと思うぐらいだ。

それでもなんとかインストールしたさ、一太郎。
そしたらスタート画面に一太郎関係のおびただしい量のアイコンが。
うわぁ・・・メッチャ面倒くさい。
そうだよなぁ・・・今まではスタートメニューの「すべてのプログラム」の中に、グループ化されて格納されていたアイコンが、スタート画面にならんじゃうもんな。
見難いことこの上ない。

その次は。


「ワードはどこにあるんだ?」


そうだよなぁ・・・なぜか知らんが「ワード2010」のアイコンはスタート画面には無い。
「デスクトップ」にある。
なぜ??
オレもわからん。
まぁ、そのままでは使いにくいので、スタート画面に「ワード2010」を持ってくる。
オレが、お客さんに
「じゃぁワード2010をスタート画面にピン留めしますよ」
って言うと・・・

「ピン留め??」

そりゃそうだ。
今までのWindowsに「ピン留め」と言う発想は無い。
スタート画面に「ショートカット」を置くようなもんだが・・・説明が・・・

まったくWindows8って何かにつけ、いちいち面倒くさい。

てか逆このおじいさん、80歳超えてるのに凄い理解度の高さだ。
オレが面倒くさいとかブツクサ言ってたらダメだ。
がんばんなきゃ。

そして、 1時間半後おじいさんは帰っていった。

今度は・・・おじいさんの家にプリンタの設定に行くことになりそうだ。

頼むわ・・・誰かWindows8を無かったことにしてくれ。
こんなわかりにくいインターフェイスで誰が得するんだ?!
最早マイクロソフトですら、得してないだろ。

まったく・・・


おっと、ブログが1000字を余裕で超えてしまった。
なんでオレ、こんなに愚痴が長いんだろう?
ではまた・・・。

0 件のコメント: