2014年8月30日土曜日

部屋の中で蜘蛛を見た

テレビをボォーっと見ていた時のこと。

テレビの背後から壁をスゥーッと登っていく小さな黒い点。
オレ、目が悪いからよく見えなかったんだけど、なにか気になって目を凝らしてよく見たら・・・

うわ・・・
ちっさい蜘蛛じゃないか。
見るんじゃなかった・・・

でも見ちゃった。
どうるす?


1.叩いて潰す。

2.見なかったことにしてほっとく


・・・

2にしよう。
ほら、壁を登っているってことは巣を張らずにピョンピョン飛び回っているハエトリグモ系列のお方ですよね?
ハエトリグモ系列の方々は、だいたい大きくはならないし、家の中に発生するコバエを食べてくれるんですよね。
益虫じゃないですか!
だいたい潰してもいい事無い。

ただなぁ・・・
害がないって、頭ではわかっていても見た目が気持ち悪い。
蜘蛛ってなぁ・・・見た目で損してるよな。
それに、蜘蛛の中には本当に良くない蜘蛛もいるらしいし。

あ・・・

見た目で損をしている・・・
ソレって、オレもでは??
本当はオレも良い人なのに、見た目でちょっとダメ人間扱いされてないだろうか?

・・・と言う妄想。

そんな事考えている間に、蜘蛛は何処かへ消えていきました。
ホッとした。

でね、まぁ・・・こんなこと言ったら偉そうだけどさ。
逃してあげたんだから、寝てる間に出てきて顔の上とかに乗らないでね。
そうなったら、本当にオレパニックになってしまうから。

では。

0 件のコメント: