2014年8月6日水曜日

死ぬぐらい疲れるって・・・なぁ・・・

STAP細胞論文の著者の一人である、笹井芳樹氏が自殺された。

笹井氏って日本の再生医療の第一人者だとか。
STAP論文騒動で大変な気苦労をされていたんだろうな。

この人の立場って、研究者というより、小保方さんの管理者的役割だったんだって?
そんで、1月にSTAP細胞をリリースした時、小保方さんと共に記者会見に出ていたんだ。
そして春先にSTAP論文に不正っぽい部分が見つかって、一気に叩かれはじめて、小保方さんが開き直って(少なくともそう見えて)、世論炎上して・・・
今に至ったわけだ。

そういう意味じゃ、小保方さんほどではないけれども渦中の人だったんだな。

しかしなぁ・・・まぁなぁ・・・

しんどかったろうなぁ・・・

最近じゃぁ心療内科にも通っていたと言う事だし。
研究者本来の仕事である、「研究」って部分がもう出来てなかったんだろうなぁ。
クレーム処理・・・と言うにはあまりにも大きな物を背負いすぎて、目が回ったんだよな。
この人研究者だから、そういうの慣れて無さそうだし。

疲れただろうなぁ。

しかし、死ぬこと無いのに・・・って思うよ。
いや、そりゃワカランよ、どれぐらい疲れてたのか。
自力で回復不可能なぐらい疲れていたのかもしれないし。
こういう研究肌の人って、そういうメンタル面弱そうだからなぁ。
小保方さんみたいに開き直って色々言えなくて、何処にも救いの場が見つからなかったんだろう。
小保方さん置いて逃げ出すわけにも行かなかったんだろうし。

いや、結局・・・消えちゃったわけだけど。

死ぬほど疲れるかぁ・・・

どういう状態だったんだろうなぁ。

幸いにして、オレは今までそこまでの境地に至ったことはないんだが。
もしかしたら、今後そういう境地に陥るかもなぁ。
そういう場合・・・どうなるんだろ。

まぁ、オレの場合は多分逃げ出すよ。
現実逃避して・・・ダメ人間になるよ。

とにかく・・・今回の笹井氏がお亡くなりなられたってことは、日本の再生医療界にも大きなダメージになったんだろうなぁ。

ご冥福をお祈りします。

そして、あわよくば笹井氏の最後の偉業となるように・・・
STAP細胞の実験、成功して欲しいものです。

(あ、小保方さんを擁護してるんじゃないよ)

0 件のコメント: