2010年8月4日水曜日

高島で発見「福祉の店玄匠」

さて、高島へ出張・・・遠かったァ・・・
って言っても草津から1時間半ほど。
そんなに遠くない、昔は片道2時間の職場へ毎日通っていた。
なわけで、言われるほどしんどくない。
むしろ楽しかった。

で、仕事は仕事なんだけど、ちょいとオレの興味もあったんだけど、あいさつがてら行ってきたのがココ!
「福祉の店玄匠」

ほう・・・玄匠って・・あの玄匠さん?
パリコレ飾った柿渋染めの技発信」とか「山本玄匠さんのTシャツが届きました。」でオレも昔お世話になった山本玄匠さんだよね。
高島にある障害者福祉施設の授産商品を取り扱っている店って触れ込み。
オレも仕事的に関係があったんですが、今まで見たことがなくてね・・・
店主にあいさつも兼ねて見学に来ました。

結構普通っぽい外観ですね、特にコレといった特徴はない。
別に特徴がアレばいいってモンでも無いんですがね。
まぁ・・・入ってみようか・・・。

ってイキナリ段差が・・・福祉の店なんだからスロープ的な何かを設置して欲しい今日この頃です。

そんなこと意識してみると、この「歓迎」って文字が寂しく見えるじゃないですか。

まぁそんなこと意識してもしかたないよね。
とにかく中に入ってみました。

ちなみにドアも自動ドアでは有りません。
手動ドアですあしからず。

中はいたってシンプル。
高島にある障害者福祉事業所の授産商品が置いてあります。
こんな感じのお菓子っぽいモノとか、
こんな焼き物的なモノも売っています。
このヘンは、なんとなく・・・わかります。

では、山本玄匠さんの作品は???

ありました、ありましたよ。
部屋の奥に、山本玄匠さんコーナーが有りました。
おぉ・・・確かに玄匠さんコーナーだ。
山本玄匠さん、その人の作品がイッパイおいてある。
その昔、玄匠さんのTシャツ買ったなぁ。
和っぽいけど、デザインが微妙にサイケっぽくて意外にズボンを選ばない。
生地とか染とかも、しっかりしていていい感じなんですが・・・

ココ以外のコーナーと商品単価が100倍ぐらい違う。
ちょっと浮いてる感じがしなくもないけど。

福祉施設の授産商品を取り扱っているってのは置いておいても、玄匠さんの作品がこれだけ揃っている店ってのが、ここのウリかな?
玄匠さんファンは一度寄ってみるべし。

場所とかはコチラ・・・

0 件のコメント: