2011年5月6日金曜日

そしてDSC-WX5を治しにソフマップへ・・・ビバソフマップカード!!

昨日から調子の悪いSONYのサイバーショットDSC-WX5。
うがぁ・・・・デジカメが壊れた!参照)
 さすがにそのままって訳にはいかないので、買ったお店(京都のソフマップ)へ修理依頼へ行きました。

さて、ソフマップのクリニックってコーナーに持って行ってカウンターで症状を伝えると、店員さんが実際にデジカメを操作して・・・

「あぁ・・・コレはレンズにホコリが入っていますね。」

と。

おいおい・・・そらぁ・・・わかってるんだよ・・・。

オレ的には結局、治して欲しいわけ。
症状がどーとかじゃなくて、デジカメを治して欲しいんだ。
そして、それがいくらになるか、が問題なわけだ。
時間はいい。
時間がかかっても仕方ない。
それはいい。

ただ、安く。
安く治してほしいだけなんだ。
ソコをはっきりさせてくれ。
いくらなんだ?
と、小心者のオレは心のなかで悪態を付く。

「失礼ですが、何処で購入されました?」
そう聞かれて、
「あ、ココです。」
と、返事をするオレ。
なんでも、「あ、」を先につけてしまうのが口癖。
そんな「あ、」には何の反応示さず、店員さんは続けた。
「ソフマップカードお持ちですか?」
もちろん持っている。
持ってなかったら、ソフマップで買い物などしない。
ましてや、修理依頼などするはずもない。
「あ、はい」
と、また「あ、」を付けて返事をし、手に準備していた青いカードを差し出す。

「それでは・・・」
店員さんがパソコンの画面にカードのデータを打ち込み始めた。
横で見ていると、オレの購入履歴が出ている。
すげぇ・・・こんなのが登録されているのか、ソフマップカードには。
ちなみにソフトはファイルメーカープロを使っていた。

そして、DSC-WX5の購入履歴を見つけた。
「〇〇月〇〇日ですね、保証期間中ですし、無料で修理させていただけますね。」

おおおーーー!!!
すげ、無料か!
ソフマップカード偉大!!!

と、感動しているオレを尻目に店員さんは・・・
「では、修理ということでメーカーに送ってもよろしいですか?」

そらそうだ。
メーカーに送り込まなきゃ治らない。

「あ、はい。それでお願いします。」
また、「あ、」を付けた。
もうそろそろ、気をつけたほうが良さそうだ。
なんでもかんでも、頭に「あ、」を付けていると、なんか優柔不断っぽく聞こえてしまう。

そんなんで、兎に角デジカメはメーカー送りになった。
なんでも治るのに、3~4週間かかるらしい。
いいよ、そんなの全然。

兎に角治ればイイのさ。
そんなわけで、しばらくDSC-WX5は入院します。
その間は、最近バックアップに回っていた、RICOHのGR2がメインに返り咲きます。

だから、全然不自由しない。
むしろ久しぶりにGR2をメインに使うのが楽しみで仕方ない。
GWは写真をとりまくるぞー!

0 件のコメント: