2011年5月24日火曜日

「Windows8」が2012年発売・・・ってオイオイ、マジだったのかよ。

前こんなブログを書いていた。
おいおい、Windows8って・・・マジ?」(2010年6月29日火曜日)
うむ、ほぼ一年前って事になるな。
書いたことすら記憶の彼方に消えかかっていたんだけど・・・

Windows 8は2012年にリリースへ――バルマー氏が明言」って・・・オイオイ、マジだったのかよ。
ちなみにこのニュースは今日の話。
そんでもって、Microsoftが公式の場で次期Windowsを「Windows8」と呼んだのも今回が初めてだそうだ。

さらに、バルマーさん曰く、
「今年を通じてわれわれの作業が進み、Windows 8について多くの話題が聞かれるようになるはずだ。Windows 8スレート、タブレット、PC。さまざまなフォーム・ファクタのデバイスが登場する」
だと。

なんだ!
やっぱりアップルを意識してるんじゃないか。
スマートフォン、タブレット、共に市場をアップルに独占されてるもんだから、ストレート(パソコンのことだろうな。)と同系統のOSで普及を図ろうってんだろうけど・・・ムリだろ。
Windowsのような機能重視のOSじゃぁ、アップルのiOSみたいに機能はシンプルでもとっても使いやすいOSにはかなわないだろうな。

WindowsはWindowsの良い所があるんだから、変に他社OSと張り合わないで欲しい。
Windowsは下位互換をなるべく確保するために、図体がでかくなって、もっさりしてるんだから、それはそれで仕方ないじゃん。
下位互換を保ちつつ、iOSみたいなサッパリ感も持つって今のマイクロソフトではムリだろ。

それになにより、買い換えを余儀なくされるユーザーの身になれヨォ。
いや、買い換えるヤツより市場にこれ以上沢山のWindowsをばらまいてどうするんだよ?
混乱してWindows離れが起きるんじゃないか?

まぁ・・・半分アップルに走っているオレが言うことでもないかも知れないけど・・・

とにかく来年は、PC市場がまた混乱しそうだなぁ。

ほんと・・・かんべんしてくれよ・・・もう。

0 件のコメント: