2012年6月3日日曜日

南草津はかがやき通りに出来た中華料理屋「季楽」さんに行きました。

なんか・・・
良い感じのラーメン屋さんないかなぁ・・・とか思っていたんですよ。
そしたら、職場の同僚の人が、「あ、そういや草津にいい中華料理屋さん出来ましたよ」
って教えてくれたんですよ。
なんでも、某有名店、料理長自らが手がける第一店舗だそうで、味は保証付きだとか・・・
そら、行かないとね。

てな訳で、昼飯にラーメン食いに行って来ました。

↑ここがそのお店。
南草津のかがやき通りを上がっていったところって・・・

あ、ここって・・・洋食屋「Trattoria Sin's(とらっととりあ しんず)」のあった場所では??
洋食屋さん「Trattoria Sin's(とらっととりあ しんず)」に行きました。 参照)
マジか・・・
そんな事もあるわなあ・・・。

外観はすっかり黒っぽくなってしまって・・・
まぁそりゃ仕方ないですがね。
しかし、ここよく店変わるなぁ。
Trattoria Sin'sの後に、なんかラーメン屋さん入ってなかったっけ?
ま、いいや。
そんな訳で、店に入りますが、バリアフリー状態はそのままかな?
入り口にちょっとした段差があり、ドアは開き戸です。
うーん・・・車椅子の人は状態にもよるけど介助者が必要かもしれません。

内装は、赤と白が基調で清潔感あふれる良い感じです。
ただ、店内に段差があり、店の3分の2ほどは車椅子の人が入るのは難しい。
しかし店入ってすぐの5席は段差なし、かつ稼働椅子なので車椅子の人でも大丈夫そう。
もし人がイッパイなら少し待つことになるかもしれませんが・・・

では、ラーメンを頼みましょう。
頼んだのは、「叉焼入り葱油麺」セットです。
まぁ・・・来るまでは、普通の叉焼麺的なものを想像していたのですが・・・

お?
なんか非常にシンプルな感じのラーメンが来たぞ?
白湯系か?
スープも麺も、全体的に白いけど。
叉焼が細かく切られている。
なんか、こう・・・一枚ドーンと豚肉が乗ってるところを想像していたのだが・・・。
イメージと違うなぁ。

ま、いいや。
まずは、いつも通りスープから頂きますと・・・

お・・・おお、なんか??

うま!!

なんか、アッサリしているんだけど、ちゃんとした中華スープって言うか・・・なんだろう、普通のラーメン屋さんのスープのようにやたら自己主張が派手では無い。

ちゃんとした中華料理屋さんのスープだ。
アッサリ上品で、でもコクがあって美味しい・・・あぁオレ何いってんだ?
てか、ほんとうに美味しい。
そして最近胃の調子の悪いオレにも優しい感じだ。
そう、このラーメンのスープって優しいんだよ。
こういうラーメンってすごく久しぶりだなぁ。
麺は細めで柔らかめ。
コレも優しさに一役買っている。

そして極めつけが、叉焼。
なんか商品名に「叉焼」を冠している割には存在感が希薄な叉焼なんだが・・・
美味いよ・・・コレも。
なんかねぇ・・・柔らかくて、噛むとジワっと味がしみわたるんだよね。
いいわぁ・・・この奥ゆかしさ。

つーか・・・最近やたら味付けの濃いラーメン屋さんのラーメンばっかり食いつけていたので、すごいカルチャーショックを受けた。
こういうラーメンも美味しいんだな。

そして、程なく食べ終わると、今度はデザートが出てきた。


おぉ・・・プリン?
間違ってたらスイマセンが、今時珍しくゼラチンで固めてる?
こっちも優しい甘さだねぇ。
変に突出したこだわりがなさそうな感じが、逆にいいこだわりっぽい。

いやぁ・・・ラーメンもサイドオーダーも総じて味付けの完成度が高い。
最近よくある濃い味付けでごまかしている感じが全くない。
本当に調理した味付けって言うか・・・正直な味っていうか・・・押し付けがましさが全くない。
繊細なのに美味しいって感じ。

いや・・・いいわ。
そら、味付けなんて個人の好みだし、濃い味が好きな人もいるだろうけど、一度こういうのも食べてみたらいいと思う。
結構オススメかもしれない。

つーか、オレもまた行って、今度は別の料理を食べてみたい。
そう思えるお店だった。
みなさんもぜひ一度行ってみてくださいな。


中国料理 季楽
TEL 077-563-1004
住所 滋賀県草津市追分町814-1
営業時間 11:30~14:30(L.O14:00) 17:00~22:00(L.O21:30) ランチ営業、日曜営業
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

大きな地図で見る

0 件のコメント: