2012年9月15日土曜日

そういや、Windows8も出るんだった。

あぁ、最近すっかりiPhone5やiOS6なんかに毒されて、そればっか注目してたけど、よく考えたら来月の26日、つまり10月26日は、

「Windows8」

が、出るんだった。
別に忘れてたわけじゃないけどね。

まあ、iPhoneは個人使用に関しての盛り上がりだが、Windows8は仕事的に盛り上がるよなぁ。
ただ、前評判があんまり良くないので、イマイチどうしてイイかわからないんだよな。

でも仕事で使うんだったら、ひとつぐらいは職場に無いと不味いよな。
結局職場では買うかもしれないよ。
で・・・Windows8って何?って話だけど。

まず、 エディションだ。
Windows7の時はそれなりにエディションが多かった。

Starter     ネットブックなど低スペックパソコン向け
Home Basic     新興国市場向け一部機能限定版(日本じゃ売ってなかった?)
Home Premium     標準的な一般ユーザー向け
Professional     企業ユーザー、上級一般ユーザー向け
Enterprise     ソフトウェアアシュアランス契約企業限定、機能的にはUltimateと同等
Ultimate     上級一般ユーザー向け、全部入り


てな感じだった。
割りと、どれ飼うか悩むんだが、ほとんどがHomePremiumだった。
では、8は?

Windows 8  Windows 7のWindows Home BasicやHome Premiumに相当
Windows 8 Pro  Windows 8の全機能が利用できるエディション。Windows 7のProfessional /Ultimateに相当
Windows 8 Enterprise  企業向けのエディション
Windows RT  プレインストールPCやタブレットPC向け

コレぐらいになりそうだ。
まぁ、一般人が買うならWindows 8 Proか、Windows 8って事になりそうだ。
そして肝心の価格だが・・・

優待アップグレード版は、10月26日から2013年1月31日までの期間限定で提供され、エディションは主にビジネス向けのWindows 8 Proのみ。
同社のWebサイト「Windows.com」からダウンロード購入する場合は39.99ドル。
店舗で販売するDVDパッケージは69.99 ドル。Windows XP/Vista/7のユーザーを対象とする。Windows 7からアップグレードする場合は、各種設定やアプリケーションソフト、個別のファイルなどを全て引き継ぐことができる。VistaではWindowsの設 定と個別のファイル、XPではファイルのみ移行できるとしている。

と、ある。
正直、よくわからんがかなり安い。
AppleのOSの価格に対抗しているとしか思えない。

まぁ・・・安いんなら使ってみてもいいかな?
使い物になるかどうか知らんが、とりあえず仕事では必要になりそうだから。
とりあえず、どっかのWindows7PCをアップデートさせよう。

あ、ちなみにWindows8の動作環境は・・・
CPU:1GH以上32/64bitプロセッサ
メモリ:1GB(32bit) または 2GB(64bit).
ハードディスク:16GB(32bit) または 20GB(64bit)の空き容量のあるディスク領域.
グラフィック:Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX® 9 グラフィックプロセッサ。
だそうだ。
7に比べてもそんなにハードルは高くない。
あとは・・・普及するかどうかだ・・・な。

がんばれ!Windows8!!

0 件のコメント: