2011年7月17日日曜日

なんだかしらんが、全国的に「骨付きうちわ」が少ないらしい。

昨日、職場に市より入札案内が来た。
入札自体はそんなに珍しいものではなく、月に3,4件、多いときでは5,6件ある。
大体、チラシとか冊子などのDTPと、ホームページ作成なんかが多いんだけど、今回は・・・一応DTPだとは思うんだけど、珍しいものだった。

「骨付きうちわ」だ。

きっと何かのイベントでノベルティに使うんだろうけど、ウチでは今まであまり取り扱ったことがない商品だ。
ただまぁ、どっかの印刷屋かうちわを作っている工場を押さえれば簡単なので、取りあえず業者を探し見積もりを取ることにした。


そこで事件はおきた。


うちわが無いのである。
普段うちわを取り扱っている業者や印刷屋なんかを当たったのだが、どこも品切れでうちわが作れないと言うのである。

マジでか??

と、今度は今まで発注したことがない業者も含めてネットや電話で全国を探しまわって貰ったんだが、やはり無い。
話を聞くと、どうやら今年は「エコ」、「節電」が声高らかに叫ばれていて、贈答やノベルティ、下手すりゃ企業が従業員に配るために、「オリジナルうちわ」が大人気なんだそうだ。
もちろん、丸い厚紙に親指を通す穴が開いた紙うちわは健在である。
アレは言ったら、変形印刷ものだから。
今回ないのは、骨うちわの「骨」の部分。
だから、全国的には「うちわ」が品薄って言う印象はないだろうけど、実は「骨うちわ」は品薄なのである。

意外だねぇ。

被災地のための仮設住宅需要から建材が不足しがちだとは聞いたことがあるが、まさか「うちわ」まで不足しているとは・・・。
オレがもし、うちわ関連の株を持っていたら今頃大儲けしてたんだろう。
ま、株なんぞ、一切持っていなんだけど。

だれか、「骨付きうちわ」が大量に(10000ぐらい)作れる業者さん知りませんか?
知っていたら是非教えて欲しい。
お礼も何もありませんが・・・。

もし、紹介していただけるような業者がおられるなら、是非コメントまで・・・。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

団扇については、祇園祭でたくさん配ってましたよ。

ライドン さんのコメント...

そうなんですかぁ・・・
あるところには、ある!
でも、今からつくると、ない!
ってことなんですよね・・・

だれか作ってー!