2011年7月18日月曜日

フィーチャーフォンってなんだ?スマートフォンは本当にいいのか?

ついにと言うか、やっとと言うか。
携帯販売ランキングにて、トップ10が全てスマートフォンに埋め尽くされたらしい。
いやもう、スマートフォンの本格的普及が始まったね。
フィーチャーフォンの時代はもう終わるのか?


フィーチャーフォン?

フィーチャーフォンって何?
これも最近よく聞く言葉である。
フィーチャーフォンとは、主に通話を中心に使用され、その他デジタルカメラやワンセグ、お財布ケータイなどの特徴的な機能を備えた携帯端末のことである。

広義では従来の携帯電話を指す言葉だと認識しても差し支えないのかもしれない。
近頃言われるガラケー(ガラパゴスケータイ)も、ほぼフィーチャーフォンと同義と考えてもいい。

で、さっきの携帯販売ランキングの話。
もう近い将来携帯端末と言えば、スマートフォンを指す時代がやってくるだろう。
オレもiPhoneを使うが、便利このうえない。
ただ、その分業務や仕事の上でのやり取りがいままで以上にタイトになる。

今までの携帯電話(フィーチャーフォン)では、とにかくリアルタイムに電話にでる事が求められた。
いわゆる、本人確保が容易であった。
そこで、怒られたり、呼ばれたり、確認されたり、であったが、

スマートフォンでは多少の情報発信や、情報処理が可能なため、ドコにいても仕事をさせられたり、現地での情報発信を行う必要が出てきたりした。
メールの処理はもちろん、PDFの確認、ワードデータの変更、エクセルデータの処理だって出来る。
facebookやTwiiter、Ustreamなんかで情報発信を行うことも必要ならば・・・出来る。


あぁ・・・もはやどこへ行っても安住の地は無いのだよ。
場所を選ばず仕事をさせられる世の中になった。

しかしなぁ・・・
仕事の仕方によって、必要なデバイスが生まれるならともかく、
便利なデバイスの出現によって、仕事の仕方が変わるのはなぁ・・・

まぁ・・・しゃぁないよなぁ・・・。
現在オレの持っているAU携帯。
今度変えるときはスマホか・・・そうだろうなぁ。

まぁ・・・時代の流れには逆らえないってこった。
そういう事にしておこう、そうしましょう。

0 件のコメント: