2012年12月14日金曜日

なめこ文學全集を買いに行った時の話。

おぉぉ・・・「なめこ文學全集」だって??」の続き。
なめこ文學全集を買っちゃったよ!
可愛い表紙の誘惑に負けすぎてしまった・・・・。

そして今回はネットでは買わずに、フォレオ一里山の本屋に買いに行ったのさ。
まぁ・・・大変だった。
だって、全然見つからないんだもんな。
まぁ・・・そら文學なんだか、漫画なんだか、サブカルチャーなんだか、サッパリわからない。
だからどこ探していいのかわからないまま、本屋をさまよっていて・・・。
結局わからなかったので、本の検索システムを使ったんだけど、まだ在庫あるはずなのに、当該の場所に見当たらないんだ・・・。
下が当該の場所・・・ちなみに漫画コーナーだった。




マジかよ・・・
うーん・・・どうしよか・・・と思っていて、当該の場所をもっとくわしく見ていると・・・



あった!
テルマエ・ロマエの後ろにひっそりと隠れていた!

てか、おいおい、売れてるじゃないか!
なんか、売れてるのに奥の方にあるから・・・見えなかった。
なめこみたいにひっそりと売れてるんだねぇ・・・。
もうあと、2冊しか無いよ・・・。
でも、みつかってよかった。

と、レジに本を持って行こうと・・・
アレ?ちょっと恥ずかしい?
大の大人が「なめこ文學全集」・・・
うーん・・・ま、いっか。
買っちゃえ!
と、明日給料日で財布の中身が大ピンチなのにもかかわらず、買ってしまった。


そして熟読・・・
人生、んふんふ。
文学、んふんふ。
なるほどなぁ・・・深いわぁ・・・
てか・・・シュールだ・・・
掲載作品は・・・
蜘蛛の糸 芥川龍之介
たけくらべ 樋口一葉
坊っちゃん 夏目漱石
セロ弾きのゴーシュ 宮沢賢治
斜陽 太宰治
怪談耳なし芳一のはなし 小泉八雲
檸檬 梶井基次郎
源氏物語 紫式部
蜘蛛の糸とか、源氏物語とか、ドロドロの話も多いよな。
それのドロドロストーリーをなめこで演出しているんだよ。
シュールっていうか・・・逆にそこが涙を誘うっていうか・・・。
原作はとてもシリアスなのにね、なめこが入るといきなりシュールに!
ミスマッチ感が最高!
てか、もう別の作品だよな、そこは賛否両論あるだろうけど。
オレ的にはアリ!!

また、どろどろじゃなくて「セロ弾きゴーシュ」とか結構おもしろ系の話もあるし、「斜陽」とか・・・甘酸っぱい話もいい!
なめこ好きじゃなくてもオススメだね。

最後に、
本の後ろに、こんなん付いてた。

んふーーー!
かわえーーー!!!!
また買うよ、2巻が出たらまた買うよ!

やべぇ・・・どんどんハマってくわ。
みなさんも・・・ぜひお買い上げください。

よろしくです!(ステマじゃないよ!)


なめこ文学全集 なめこでわかる名作文 1【入荷予約】

0 件のコメント: