2014年1月3日金曜日

えーと、ブッダはアレで良かったのでしょうか?

もう正月休みを怠惰に過ごし、生活のリズムがボロボロになってきた今日此の頃。

昼前起きる→飯食う→ビデオ見る→ちょっと外(コンビニ等)出る→昼寝する→ビデオ見る→飯食う→寝る。

このダメダメローテーションですっかり夜型になってもう・・・

と、まぁあね。
いいんだけどね。

で、今日もビデオを何本か見てるんだけど・・・

えーとその中に手塚治虫のブッダと言うアニメDVDがありましてね。
アレですわ、手塚治虫先生のマンガのやつ。
ソレを見てたんですがね。


なんだか・・・ちょっと良くわからなかった。
オレの知ってるブッダ的エピソードが少なかったね、まず。
まぁ、ブッダがまだシッダールタと呼ばれていた幼少期の話からだし、オレ的にはサッパリだ。

てか、なんか・・・ブッダと関係ない話も多かったようで・・・。
奴隷階級であることを隠して英雄になって、最後は死んじゃう人の話とか・・・今後の展開に必要だったんだろうか?

それと、手塚治虫先生のスターシステムはドコへ言ったんだろうか?
半分ソレが楽しみだったんだけどなぁ。
今んところ、タッタって言うキャラが、火の鳥の弁太だろうなぁ・・・って、それぐらいだ。
今後はもっと出てきそうなんだが・・・

とにかく全3部作の1部だからね。
2014年2月公開予定の第2部を見ないと、全体の話はよくわからないや。
単行本も読んでないしね。

と、まぁ・・・そんな感じ。

さぁて・・・次は何見るかね。
DVD40本借りちゃったからなぁ・・・

全部見れるかな?

0 件のコメント: