2014年1月27日月曜日

気がつけばあと3ヶ月・・・WindowsXP

はぁ・・・
気がつけばもう2月になるなぁ。

って事はWindowsXPのサポート期限があと3ヶ月を切った、ってこった。
なんだか感慨深いものがある。
だって、名OSだったもんなぁ、WindowsXPって。
使いやすかったし、普及してたし、業界スタンダードになってただろう。

それがねぇ、あと3ヶ月も待たずに終わるのか。
地デジへの切り替えみたいだね。

で・・・
XPのサポートが終わるって言うけどね。
いったい何がおわるのか?

その前にまず、何時終わるか?
えーと、2014年の4月の9日までだね。
中途半端だけど、そういう事だ。

んで、その4月の9日をもって、更新プログラムの配布が終わる。
まぁそれだけだよな。
何かが劇的に変わるわけじゃない。
とにかくサポートが終わるだけ。

ただそのサポート(更新プログラム)だけど、毎週アップデートしてたもんなぁ。
それが無くなるのは寂しい気がするなぁ。
シャットダウン時のトラブルは減るだろうけど。

そして、それ以降は、XPのシステム上の脆弱性を利用したハッキングプログラムがばら撒かれるんだろうなぁ。
だってさ、サポート期限内だとさ、ハッキングプログラムを作っても、すぐに対応されてせっかくハッキングしても、すぐに効果無くなるじゃないですか。

それが、もうね・・・

作ったプログラムが無駄にならないわけですよ。
対応されないんだから。
作る方(ハッキングする方)も作りがいがあるだろうねぇ。

てな訳で、4月9日以降もXPを使い続ける場合、ネットに接続すると、いろんな攻撃っていうか攻撃に見えない攻撃・・・
例えば、

「このプログラムを入れたらXPを使い続けられます!」

とか、

「XPのシステムを守ります!」

とか言うネット広告・・・的な広告が増えるんだろうなぁ。
これをクリックすると、あら素晴らしい・・・個人情報がダダ漏れになっちゃうわけですな。

多少言い過ぎかもしれないけど、最近のスパイウェア、クラッキングソフト、アドウェア、もろもろ・・・
入り込む手口が多様化しているし、ソフト自体が増えている。

GOMPlayerとか、BaiduIME、バビロン、HAO123・・・

数えたらキリがない。
それが今までは、Microsoftのサポートに(多少でも!)守られていたのが、サッパリ駄目になるんだから・・・

危険だねぇ・・・

ねぇ・・・くれぐれも・・・4月9日以降WindowsXPを使い続けるなら、ネットだけはしない方がいいと思いますよぉ。

はい、そんだけでしたが・・・
どうですかねぇ・・・。

0 件のコメント: