2013年3月17日日曜日

今後、すべてのAdobe商品がダウンロード販売へ?

オレも愛してやまないAdobe商品。
うちの事務所じゃDTPやってるもんで、イラストレーターが手放せないんだけど。
そのAdobe商品について、まことしやかな噂が・・・

TechHiveの調べによると、Adobeはパッケージのソフトウェアの生産を廃止し、今後ダウンロード販売のみを行っていく意向だそうだ。

ほほぉ・・・
なんでまた?

Adobeの広報担当者によると、TechHiveのメールに対し「AdobeはCreative Cloudを通じてワールドクラスの革新を提供することに集中するため、Acrobat製品やCreative Suiteのパッケージ販売を廃止します。ソフトウェアのダウンロードはいずれもAdobe.comから可能であり、現在は顧客にこの事実を通知している最中です」と言ってきたという。


まぁ・・確かに、セット販売は安いけど、必要としないソフトウェアも大量についてくるからな。
あと、イラストレーターとかはCS5で十分だけど、アフターエフェクトだけCS6が欲しい時とかあるもんな。
良くも悪くもないな。
ただね、ダウンロード販売の怖いところは、クレジットカード決済しか出来ないとか・・・あるんだよね。
銀行振込を受け付けていないところが意外と多い。
今もやってるAdobeのCreativeCloudもクレジットカード決済しか受け付けないもんね。
法人とかだと、決済しにくいからやめて欲しいなぁ。
ちゃんと銀行振込による決済にも対応してね。

なお、パッケージ販売のCreative Suiteの注文受付は2013年4月30日だって。
意外と早いな、あと2ヶ月もないじゃないか。
ただ、Adobeからの正式なアナウンスじゃないから、真偽の程は定かではない。

どうなんだろうねぇ・・・。
気になるところだけど。

心配なのは・・・便乗値上げしないでね。

そうじゃなくても高いんだから。
出来たらダウンロード販売へ向けて値下げの動きなんかあると助かるんだけどなぁ・・・。

ない?

どうだろね。
今後の動向に注目しときます。
では。

0 件のコメント: