2013年3月5日火曜日

だから・・・そんな車・・・そんな値段・・・何なんだよ・・・

ランボルギーニは4日、新型スーパーカー『ヴェネーノ(Veneno)』を発表した。最大出力750hp、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度は355km/h、価格は300万ユーロ(約3億6500万円)超という文字通りのスーパーカーだ。





はぁ・・・?
何この車・・・アニメの見過ぎか何かですか?

なんか、「ぼくのかんがえたさいきょうのすーぱーかー」みたいじゃないか。
後ろ姿はまるでモンスター。
てか、トランスフォーマーに出てきそうだ。
はよ、ロボットに変形しろ!
てか、絶対しゃべるよ、この車。
内装も見てみたかった・・・。


つーか・・・
「0-100km/h加速は2.8秒」
その速さ・・・日本ではまるで必要がないから笑う。
てか、最高時速355kmって・・・日本じゃ走れる道がないよ。
それに、どんな小さい段差でも引っかかりそうな低い車高。
極めつけが値段。
たかが車が3億円?
100分の1の値段でもいらんわ。
こんな車乗るぐらいなら、ラパンのほうがよっぽどいいわ。

一体何考えてこの車作ったんだろう?
アラブの石油王ぐらいしか買えないじゃないか。
つーか、買っても乗らんわ、こんな車。



と・・・まぁ・・・
ビンボー人の僻みなわけだが。
しかしなぁ・・・世の中には車に3億円出せる人がいるんだなぁ。
凄いなぁ。

いや、目の保養になりました。
オレには一生縁がないでしょうが・・・
この車が売れることを心よりお祈り申しあげますわ。

では。

0 件のコメント: