2012年8月3日金曜日

宇宙戦艦 YAMATO(キムタク)、見たった!

何か知らんけど、Youtubeをさまよっていたら「宇宙戦艦 YAMATO」がフルサイズでアップされていた。

2時間15分ほどの動画だ・・・
マジで映画?画質は悪そうだけど、それでも全部見れるんだ・・・。

誰かの陰謀?

と、思いつつも全部見てしまった。
うーん、昨日もそんなに寝れてないのに・・・

で、感想だけどさ・・・
いや、もうツッコミどころ満載だよね。


まず、アレだ。
オレが最初の方から、最後までずーっと気になっていたところ。
YAMATONO諸君、いや乗組員な、
とくにブリッジのみんな、持ち場離れすぎ・・・
ワープしたり、敵振り切ったり、地球見えたり、なんかあるたびに持ち場離れて古代(キムタク)の周りに集まってガッツポーズしたり、飛び上がったり、スクリーン指差したりして喜びや驚きを表現する。
そら楽しいのはわかるけどさ、 いっつもその直後にガミラスに攻撃されてヤラれてるやん。
馬鹿か・・・と、学習能力は無いのか・・・・と。
簡単に持ち場はなれるなよ・・・と。
宇宙戦艦舐めるなよ。
YAMATOが大破していく理由の半分は、お前らの職務怠慢のせいじゃないか。
レーダー監視する奴が、レーダーから目を離して浮かれてんなよ。
てか、お前らノリ良すぎ。
学生かっつーの。
まぁ・・・おもろいわ。

次はなぁ・・・
話がベタすぎる。
一目で死亡フラグだとわかる演出があって、そのとおり次のシーンでは死ぬんだよ。

「古代さん!お久しぶりです!今第3艦橋にいるんですよ!」

第3艦橋爆破!

みたいな感じ。
もう・・・なんつーか。
もうちょいヒネってくれ。
そのまんま過ぎて笑えねぇ。
全体的に、そのまんまでベタな演出が多い。
キムタクアクションもあって、なおさらだけどねぇ。
意外感や、なるほど感が全くない。
娯楽映画だとしても・・・
なんか展開急ぎすぎてるよね。


そして定番。
「チョマテーヨ!」、のキムタク様。
キムタクありきの映画なら仕方ないんだけど、一応原作ありきだろ?
いやぁ・・・キムタクは全然悪くないんだけど・・・浮いてる。
演技から何から濃いもんねぇ、キムタク。
もうちょい薄かったら話に集中できるんだけど。
なんか、原作とキムタクが溶けきってない感じがするなぁ・・・
てか映画中の、古代(キムタク)の役も、ちょっとキムタク的な演出多いよな。
だいたい最初から、古代は人気者すぎ。
なんか知らんけど、いきなり「チームキムタ・・・」違った、「チーム古代」とか言っちゃってるし。
まったくノリが学生だよ。
大丈夫か?こんな奴らに地球の運命託して。


あと、なんでいきなり古代と森、デキてんの?
いつの間に?
喧嘩してたやん。
第3艦橋破壊したら急に仲良くなるの?
それも半端無く。
(最後、子供できてるし・・・)
何なの、それ。
映画とかでよくある話だと思いたいけど、それでもいきなりすぎるよなぁ・・・
いくら最近の人だからって、急展開すぎるよ。
やっぱノリが学生だよなぁ・・・。


それとメカね、アナライザー。
てか、強すぎるだろう。
アレが5,6機あったらガミラス制圧出来んじゃないの?
ディテールキツイよねぇ。


あと・・・映画最大の難所。
デスラーがいない。
あの顔色の悪い七三分けのおっさんが出てこない。
てか、ギリCGでデスラーっぽいヤツが出てたが・・・違うだろ。
全然デスラーっぽくないし。
あのネバネバして、しつこそうで、陰湿で、ちょっとドジで、それでいて可哀想なキャラ、デスラーがいねぇ。
デスラーのいないYAMATOなんて、シャアのいないガンダムみたいなものだろう?
大丈夫なのか?
あ、かろうじて声優は出てたのか?
声似てたけど。


まぁ・・・、ツッコミどころはたくさんあったけど。
面白かったよ。
ジャパニメーションだと思えば、アリっちゃアリだ。

てか、なんでYoutubeで見られるんだろうね。
よくわかんないけど・・・とりあえず貼っとく。

何時まで見られるんだろうねぇ・・・。



0 件のコメント: