2014年9月29日月曜日

今更かも知れないが、書いとく。

今更なんだが、聞かれたし、需要があるかもしれないのでメモっとく。


Windows8.1を起動した時に、デスクトップ画面からスタートする設定の仕方。

まず、一度デスクトップ画面にします。(スタート画面からは、Windowsボタンで変わります。)

そして、画面下部のタスクバーを右クリックします。
出てきた右クリックメニューから「プロパティ」を選択します。


「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」と言う、ダイアログボックスが現れます。
ダイアログボックスの中から、「ナビゲーション」タブを選びます。
ダイアログボックス下部の「スタート画面」コーナーにある、「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了した時に、スタート画面ではなくデスクトップ画面に移動する(D)」のチェックボックスをオンにして、「OK」をクリックし、ダイアログボックスを閉じます。


再起動し、デスクトップ画面から始まるか確認します。



と、まぁこんな感じ。
最近時々聞かれるんだよな、Windows8.1。
流石に普及してきたのか・・・
そして使い難さが露呈してきているな。
スタートとかコピーの早さとか、システム面はそこそこ良いOSなんだけど。
見える面と、使い勝手がなぁ・・・かなり感じ悪いからなぁ。

来年Window9出るらしいけど・・・そっちはどうなんだろうなぁ。
オレ的にはもう、Window7でいいんだけどなぁ。

0 件のコメント: