2014年2月4日火曜日

バレンタインが一周してどうでも良くなってきたと思わないか?

いやぁ・・・2月と言えば「バレンタインデー」

菓子メーカーの陰謀説渦巻く疑惑のイベントですな。

そもそも、かっこよさメン男子がタダで女子からチョコレートをもらうと言う、何とも理不尽なイベントであるようなんだが。
ちなみに、かっこ良くなさメン男子は、なんとなくチョコがもらえないらしい・・・

てか、まぁ女子が一年に一度、目当ての男子に気持ちを伝えるべくチョコを配り歩くイベント、てなものになっているのかな?
(今は誰しも年中気持ちを伝えまくってるような気もしなくはないが・・・)

ま、バレンタイン創世記においては、そういうものであったらしいな。

しかし最近ではそういうものでもないらしい。
まず、オレの知る限り、創世記の理念そのものであった「本命チョコ」の他に、職場や学校で仕方なく配らざる得ない「義理チョコ」なるものが派生したようだ。
義理だろ・・・義理・・・意味わかってるのか?
一般には日本の社会において、社交上、礼儀を以て旨とする行動規範を指す
そんなチョコ、あるのかね?礼儀を以って旨とする・・・そんなチョコ。
行動規範とか言われると、コッチの方が正しい気がしてしまう。
そんな事は無いんだろうけど。

まぁいいや、そして最近更に派生したチョコ。
「友チョコ」
コレは、どうやら仲の良い女子同士で配り合うチョコらしい。
うーん・・・もはやバレンタインデーにやる必要あるのか?と思うんだが。

そして、「逆チョコ」
男子から好きな女子にあげるチョコらしい。
コレは・・・まぁ・・・ホワイトデーでもいいのでは?
ホワイトデーはお返しだから・・・ダメなのか?
最初にあげるのは2月14日なのか?
どちらにしても菓子メーカーの手のひらで踊りまくるだけなんだけど・・・
難しいなぁ。

他にも、「ふぁみチョコ」家族にあげるチョコ、「ほもチョコ」男子から男子にあげるチョコ・・・そういう派生もあるらしい。
まったく・・・菓子メーカーはどれだけ手のひらを広げれば気が済むのか・・・

が、だ。
オレが一番気になったのは・・・

「自分チョコ」

コレ・・・
コレって、普通におやつのチョコを買うだけでは?
オレ、しょっちゅう自分チョコ買ってるけど?
ソレダメなん?
自分チョコっていちいち言うの?
仮に特別なチョコだとしても、バレンタインに自分にチョコあげる意味あんの?
もしかしたら、自分大好きっ子?
なんか、コレって自分の中で無駄にチョコを買うことを納得させる、妄想に近い幻想的チョコレートだよな。

もう、バレンタインデーも一周して、どうでもいい感じになってきてる。
適当に名前コジ付けて、より幅広い層・・・今までバレンタインしなかった層にもチョコを買ってもらおうと必死な感じがヒシヒシと伝わってくる。
このウダウダした、なんでもコジツケてチョコ売ろうって姿勢は、もう日本菓子メーカーの最後の足掻きに見える。
他にネタが無いんだろうなぁ・・・

でも、こんな事やってると、バレンタインデーも廃れちゃうよ、きっと。
だって、ネコでも杓子でも誰でも彼でもチョコ買うんでしょ?
ちょっと自分だけが特別なことやりたいとか、自分は他と同じは嫌だ、とかちょっとでも思ったらバレンタイン・・・離れていくんじゃないかねぇ?

ちょっとやり過ぎだよなぁ・・・そうは思わないかねぇ・・・
オレは思うけどね、あまりにもショーもない売り方でバカバカしくなるのだが。
こういうマーケティング考えてる人って、どんな人で、何考えてるんだろう?

別にいいけどね。

ま、今年のバレンタインは忙しくてソレどころじゃないと思うけど・・・

どうだろうねぇ・・・。

0 件のコメント: