2012年11月20日火曜日

がんばれ!劉備!!レッドクリフ見たよ。


レッド・クリフ・・・

三国志をモチーフとした中国のアクション映画ですね。
この前テレビでやってたのを録画して見たんだけど・・・

長いねぇ・・・
なんかもともと2作だったのを、監督監修のもと1話にした「特別編」だったんだね。
知らずに見たもんだからもう・・・全然終わらねぇ・・・

ま、ソレはいいとして・・・。

なんか期待しないで見たんだけど、意外と面白い。
ま、言わずと知れた三国志なんで内容も半分ぐらいは頭に入ってるからね。
コレ三国志知らずに見たら厳しいかもしれないけどね。
と、言うわけで三国志を知ってる前提での話だけど。

分かりやすいねぇ。
曹操が悪者、それも結構感じ悪い人。
そして劉備が良い人。
孫権が武の人。
ま、それはそうなんだけどね。
ただ、原作っつーか一般的な三国志のイメージだと劉備が主人公的な扱いをうけるんだけどね。
このレッドクリフでは、もう空気。
劉備さん空気化している。
存在感が脇役。
印象的にはワラジ編んでるイメージしか無いんだけど。
もうちょいねぇ・・・表出てきてもいいと思うんだけどねぇ。

じゃぁ誰が主人公なのさ?ってなると・・・
もうそりゃ・・・金城武演じる孔明と、トニー・レオン演じる周瑜だよね。
無駄にアップも多いし、なんか・・・この二人の大活躍を描いた物語といっても過言ではない。
オレは金城武にもトニー・レオンにも思い入れがないので、配役については何とも思わない。
ただ・・・この二人のアップが出てくると急にテンポ悪くなるんだけどね。
そこまで、この二人に拘らなくてもいいんじゃないかなぁ・・・?
このへんはやっぱり本場中国的な解釈なのかな?
まぁ・・・ちょっと視点の違う三國志なんだなぁ・・・と思えば何の違和感もない。
蒼天航路とかオレ好きだし。

ま、三国志と照らし合わせると内容的にはチョット・・・アレだよね。
コレは三国志ではなく、「レッドクリフ」なのさ。

周瑜とか趙雲とか張飛とか関羽とかのアクションを楽しめばいいのさ。
(そういや劉備はアクションも適当だったなぁ・・・)
赤壁だからね、船が半端無く多いし、それが燃えまくるのも見ものだし、エンターテイメントとしては面白いんだよね。

放送時間が長い割には密度も濃いし、それでいて話を端折ってる感じもしなかったしオレ的にはすんなりと見れた。

わりと良作だと思う。

もし・・・可能なら、コレの前の話を映画化して欲しいなぁ・・・。
乱世が三国に絞られる前の、各地で英雄と言われる人達が群雄割拠してた頃の話。
曹操が若かりし頃の話。

あ、そうなったらもうレッドクリフ(赤壁)じゃないな。
レッドクリフは、赤壁の戦いだからね。


さて、秋の夜長。
次は何を見ようかなぁ・・・


0 件のコメント: