2012年11月19日月曜日

しばらくSSDキャッシュ 「ADRENALINE」を使ってみた感想。

いやぁ・・・昨日パソコンが落ちたんですよ。
コンセント抜いちゃった的な?
恐る恐る、再起動したら・・・

ハハ・・・起動しねーや。

原因はすぐに解った。
キャッシュとして使っている、 「ADRENALINE」がなんか引っかかっているみたい。
とりあえず、一度 「ADRENALINE」を外して、再起動を試みる。
( 「ADRENALINE」に関しては、SSDキャッシュで爆速なわけだが・・・ を参照してください)
はい、無事再起動完了。
でも、SSDキャッシュのないPCって遅いなぁ・・・仕方ないか。

そして、電源を一度落として 「ADRENALINE」を繋ぎ直して・・・はい、無事起動完了。
一回目の起動ではキャッシュが効いてませんでしたが、再起動がは再び爆速を取り戻しました。
よかった。

と、 やっぱSSDキャッシュは早いなぁ。
事故とはいえ、外すとパソコンの遅さでイライラする。
そういや、このキャッシュシステム使い出して3週間ほどか。
慣れて当然だな、最初は早い!と感動していたが、いつしか慣れてコレが普通だと思ってた。

やっぱアレだなぁ・・・
最近のパソコンの動作スピードあげようと思ったら、やっぱHDDの遅さ解消が一番だな。
もう、HDDの遅さはすべてのパーツの足を引っ張ってるような気がする。
これからもCPUの性能は上がると思うが、HDDがあれじゃぁなぁ・・・。
CPUがCorei3以上で、メモリを2GB以上積んでいたら、次はHDDを何とかしないとダメな気がする。

ただ・・・費用対効果の問題だよなぁ。
今あるHDDをそのままSSDに換装すると、それこそいくら金があっても足りない。
てか、1TBのSSDとか、まだないよな。
その内出るかもしれないが、まぁ・・・値段が比べ物にならないだろう。
そこまでするなら、CPUとメモリとグラボを・・・いや、いっそパソコン買い換えるわ!って話になるよな。

まぁ・・・今現在はSSDをキャッシュ代わりに使う方法がベターかな。
つまり環境はWindows7限定になるが 「ADRENALINE」がいいって話だな。
8000円ほどだし。
費用対効果もいい感じだよ。

まぁ・・・強いてデメリットを上げるなら・・・
キャッシュだしね、オレみたいにパソコンが不慮の事故で落ちた場合に、動作が不安定になる。
それがちょっと厳しい感じがするな。

でも、早いわぁ・・・、 「ADRENALINE」。
早くWindows8に対応しないかな?
対応したら、Windows8に挑戦するのになぁ・・・。

0 件のコメント: