2011年8月19日金曜日

明日は室内でインタビュー撮影

さぁ、明日は室内でインタビュー撮影です。
なんか、インタビュー撮影ってだいぶ昔にやったっきりで最近はやってなかったなぁ。
超久しぶりだ。

インタビュー撮影ってイスに座っている人をタダ撮るだけなので簡単そうですが、これがどうして意外と難しい。
だって、人って動くもんね。
上半身をアップで撮っているのに上体が動いた日にゃぁ・・・そんな映像見れたもんじゃない。
だから、常に頭がセンターに位置するようにカメラを細く動かさなきゃいけないんだ。
そらぁめんどくさい。
動きも人それぞれだもんねぇ。

オレが思うに、しゃべっている人ってその仕草に人としての癖って言うか、個性っていうのが滲みでるんだよね。
イスの背もたれに体を預けて、どっしり座って上体を動かさずに喋る人や、手振り身振りを交えて激しく動きながら喋る人、上体をユラユラ動かしながら喋る人、色々さ。
目線もそう、癖が出る。
視点を一転に見据える人や、インタビューワーを見つめながら喋る人、伏し目がちであまり視線を上げない人、楽しそうだけど視線が揺れる人・・・

兎に角カメラは、人に合わせた動かし方をしなきゃいけない。
これが意外とできないんだよね。

てか、オレも出来るんだろうか?
久しぶりだしなぁ・・・。
昔は、よく頭部がセンターから外れて怒られたもんだ。

ある意味懐かしいシュチュエーション。
ちょっと緊張するな。
ただ、昔と違って今は、現場でオレを起こってくれる人は少ない。

よっぽど自分の映像に対してシビアにならなきゃ、ヘロへロな映像になってしまう。
他人に厳しくはできないオレだけど、自分の映像にはシビアに行かなきゃね。

よっし!
明日はがんばるぞ!!

0 件のコメント: